LIVE ! LIVE ! LIVE ! GO HOME PAGE

 

Mr. Robert Palmer の"LIVE"。生で見られたら素晴らしいでしょうが、うっ。(涙)
今は、ただライブの実現を願いつつ、かつての「夢のかけら」(スイマセン大袈裟で......。)をつなぎ合わせてみましょう。
 
 

Early years (1976 ?)   
Armchir Explorer (front)

Armchiar Explorer (back)

Armchair Explorer with Robert Palmer

side A

  1. How Much Fun
  2. Work to Make it Work
  3. Here with You Tonight
  4. Gatta Get a Grip on You
  5. Back in my Arms
  6. Give Me an Inch
  7. Which of Us is Fool
  8. Riverboat
  9. Pressure Drop (intro - F.Out)

side B

  1. (F.In-) Pressure Drop
  2. Work to Make it Work 
    (reprise, band intro)
  3. Saillin' Shoes
  4. Hey Julia
  5. Sneskin' Sally Thru the Alley
  6. Fine Time

*上記の曲目は、ライナーとは一致しない。
 A-9からB-1は曲が2つに分かれて収録されて
 いるもの(repriseではない)。
 また、B-3からB-5はメドレー
 (アルバム、Sneakin' Sally...と同様)

プロモーショナル・オンリーのレコード(boot?)
(LP,A 約30 min, B 約27 min )

かなり音は、悪いです。
ノイズも凄いし、ステレオも安定してないです。
が、ライブならではの、思いっきりの良さというか、ぶっ飛び方 (かなり切れてる)が、いい感じです。How Much Fun とか Fine Time とか Here with You Tonight なんて、途中で声が大爆発(普通は、シャウトっていうやつ.... 毎度変な日本語でスイマセン)。

延々と続く(10分以上)、Work to Make it Workの迫力や、
Back in my Armsのロマンティックな歌いっぷりは
これでしか聞けないし................。

あー。ライブはやっぱりいいですねぇ.............。

GO HOME PAGE

 

 

 

Midnight Special
1979年10月5日
"Bad Case of Loving You" 
Bad Case of Loving YouBad Case of Loving You
Bad Case of Loving You
Bad Case of Loving YouBad Case of Loving You
アメリカのテレビ番組"Midnight Special"に出演したときのライブ。NHK衛星第2で放送した事があります。(1997年5月「伝説のスーパー・ロックライブ」)

若い、です。(気持ち悪いぐらい.....。)でも歌い方は今と全然変わらないです。ステップ(?)の踏み方といい、肩から首にかけての「ノリ」具合といい、全く同じです。

ちょっと観客の反応が悪い気もするし、歌も口パクっぽい気もするけど貴重な映像です。

GO HOME PAGE

 

 

 

Musikladen
1979年12月13日
"What's It Take " 
What's It Take
What's It Take
What's It Take
ドイツのテレビ番組"Musikladen"に出演したときのライブ。
M−BROS(スカパー)で放送した事があります。
(「ビートクラブ」)

パーマー氏はギター弾きながら、後ろにはバンドもいますが、 合成画面でなぜか、水着のねーちゃんが踊り狂ってるし…。
なにが変って「主役」のパーマー氏より
ギターのヒゲ男の方ばかり写して、誰のビデオだか…。

GO HOME PAGE

 

 

 

Clues Tour '80

Some Guys Have all the Luck (white)
(ポリスター 25S53)

Maybe It's Live
サムガイズ〜華麗なるパフォーマンス

side A

  1. Sneakin' Sally Thru the Alley
  2. What's it Take
  3. Best of Both Worlds
  4. Every Kinda People
  5. Bad Case of Lovin' You
    (Doctor, Doctor)

side B

  1. Some Guys Have All the Luck
  2. Style Kills
  3. Si Chatouilleux
  4. Maybe It's You
  5. What do You Care

*A-1〜5 とB-5 はLive レコーディング

唯一の公式ライブ(を含む)・レコード
(LP,日本では、唯一CD化されていないオリジナル・アルバム)

やはり、ライブと言えばこれは外せない、でしょう。どうした訳か、CDになってないです。(ドイツ盤はあるけど...)

公式といっても、録音は結構荒いし、選曲もそういいとは思わない (それでCDになってないのかな?)。

Jealous とかSulky Girl なんかライブだったら、ノリノリって思うけど、
おとなしい、地味な曲が多いかな.........。

とか言いながら、Doctor, Doctor と What do You Care はいいね...。

GO HOME PAGE

 

 

 

Musikladen
1981年2月12日
"Looking For Clues " 
Looking For Clues
Looking For Clues
ドイツのテレビ番組"Musikladen"に出演したときのライブ。
M−BROS(スカパー)で放送した事があります。
(「ビートクラブ」)

ステージがあるスタジオに踊り狂う客いれて、 バッチりきめたパーマー氏が軽くステップ踏みながら…までは超Coolだったんだけど、
なぜか歌い始める前に「声」が出てきて慌てたパーマー氏マイクを取り出すが…リップシングもろばれ(^_^;)
途中で諦めて手拍子&あやしのステップ(≒プロモビデオ)に徹してしまう…。
あー。見てるこっちが恥ずかしい。

GO HOME PAGE

 

 

 

Pride Tour '83
(in USA)
  1. Johnny and Mary
  2. Every Kinda People
  3. Woke Up Laughing
  4. Sneakin' Sally Through the Alley
  5. Pride
  6. It's not Difficalt
  7. Some Guys Have All the Luck
  8. Best of Both World
  9. Sulky Girl
  10. Looking for Clues
  11. You are in My System
  12. Bad Case of Loving You

('83 NY The Ritz)

ハマラジ開局記念スーパーロックライブ
Robert Palmer
(1993年10月8日 FM-横浜)

FM-横浜が、「ハマラジ」に名称変更するのを記念した特別番組の1つ。他に、ローリング・ストーンズや、ビリー・ジョエルなどのライブを1週間にわたって放送した。他のアーティストは、時間いっぱい放送していたがRobert Palmerだけ、
オーバーチェァ
You are in My System (Addictions I) 、
クロージング
Every Kinda People (Addictions II)
Mercy Mearcy Me/I Want You (Don't Explain)
がついて本編が短かった(時間合わせ、ね?)。

ちなみに、
FM-横浜は、ハマラジから、再び名称変更して今は、FM-ヨコハマ
(あら?戻ったんでないの?)になっている。

BBC のレコードよりもこっちの方が勢いがあるように聞こえる。
「夏っ。」というか、MCにも元気いっぱいなところが微笑ましい、
というか..........。

GO HOME PAGE

 

 

 

Pride Tour '83(?)
(in UK)

BBC (label)

BBC

IN CONCERT - 312
featuring Robert Palmer
(BBC Transcription Services) 

side A

  1. Every Kinda People
  2. What can You Bring Me
  3. Dance for Me
  4. Want You More
    (MC)
  5. You can Have It
  6. Woke Up Laughing
    (MC,band intro)
  7. Say You Will

side B

  1. Sneakin' Sally Through the Alley
  2. Pride
  3. Sulky Girl
  4. Looking for Clues
  5. You are in My System

('83 London Hammersmith Palais)

イギリスBBC放送のラジオ番組の放送用レコード。
(LP,  A: 30'09"  B: 28'21")

NHK-FM で、以前放送したことがあります。
(1997年9月12日 NHK-FM 「BBC ロックライブ」)

正直に申し上げます。これを聞くまでDance for Meは あまり好きな曲ではありませんでした。
なんだか歌い方がわざとらしいように聞こえて ちょいイヤラシイ風かなと思っていたのです。

が、ライブではちょっと違う?かなり自然な感じで高音での 声の伸び方が超気持ちいい。
(なんか日本語へんでごめんなさい)

しかし、こんな風に歌われたら、(踊れない、リズム感0の)私も 「いっちょ踊ってやらねば」つう気になってしまうではないですか........。

GO HOME PAGE

 

 

Pride Tour '83
(in GERMANY ZDF)

GERMANY ZDF '83

GERMANY ZDF '83


Robert Palmer
(GERMANY ZDF '83) 
  1. Pride
  2. Some Guys Have All the Luck
  3. Best Of Both Worlds
  4. Sulky Girl
  5. Bad Case of Loving You
  6. You are in My System




   GERMANY ZDF '83

ドイツのテレビ番組。
(VHS 21min)

すばらしい歌いっぷりが堪能できます。
汗だくで歌いまくります!!(つくづく良いお声)
前後運動も健在(^_^;)
キーボードが2人
ついでにドラマーが2人!?


ただ一つ残念なのは「超短い」。

もっと聴きたいよぉ〜........。

GERMANY ZDF '83

GO HOME PAGE

 

 

Saturday Night Live
1985年2月16日
(The Power Station)
"Some Like It Hot"
"Get It On"

Saturday Night Live Saturday Night Live
Saturday Night Live Saturday Night Live
アメリカのテレビ番組"Saturday Night Live"に出演したときのライブ。
The Power Station 唯一のオリジナルメンバーによる公開ライブ。

2005年5月追記:20周年記念CD+DVDにボーナスクリップとして"Some Like It Hot"が収録された

のりのりです(*^。^*)
スーツをバッチりきめたパーマー氏。
ジョンとアンディが派手なアクションで飛び回ろうとも、パーマー氏の存在感大。
何よりも実に楽しそう。
...なのにこの後パーマー氏がツアーに不参加、は、なんか理解できない...。

GO HOME PAGE

 

 

 

Japan Tour '86
1986年5月
Japan Tour '86 (front)
GO Mr.Palmer in Japn

@Sinjyuku '86
(1986.5.2新宿厚生年金会館)

Set List 
  1. Discipline of Love
  2. Murderess
  3. Every Kinda People
  4. Dance for Me
  5. Tell Me I'm not Dreaming
  6. Looking for Clues
  7. What it Take
  8. I didn't Mean to Turn You on 
  9. Woke Up Laughing
  10. Shoot the Moon
  11. Pride
  12. Izaura
  13. Riptide
  14. Want You More
  15. Johnny and Mary
  16. You are in My System
  17. Some Like It Hot
  18. Planet of Women
  19. Jealous
  20. Flesh Wound
  21. Addicted to Love
  22. Hyperactive
  23. Bad Case of Loving You
  24. No Not Much
このライブの模様はFM東京(現TOKYO−FM)で放送された。
(1986年5月1日。生中継!!!)

1986年春?初夏?TVでも放送された。
(VTRを手に入れましたが詳しい情報は不明.....。)

"Super Live Robert Palmer" (約45min)

  1. Discipline of Love
  2. Every Kinda People
  3. I didn't Mean to Turn You on 
  4. Riptide
  5. Hyperactive
  6. Some Like It Hot
  7. You are in My System
  8. Addicted to Love
  9. Bad Case of Loving You
  10. No Not Much

*番組中、司会者が「5月2日のライブ」と紹介しているが,
雑誌POP GEAR(1986年7月号)の「5月2日」のライブでの服装とは
明らかに違う(VTRはノーネクタイ、記事は黒いネクタイ)。
B.J・ネルソンの服装も写真とは違うように見える......。
一体このライブはいつの収録なんでしょうか?

素晴らしいの一言以外出てこないっ。
特にEvery Kinda Peopleと、You are in My Systemは暖かみと、 力強さと、勢いがあってライブの方が100万倍(^0^)よいとおもいます。

だからお願い!!!ライブしにきてぇ〜(叫んでどうする。)

GO HOME PAGE

 

 

JAMES BROWN & Friends
1987年1月

JAMES BROWN & Friends(VHS)
(VHS)

JB CD(USA)
(CD,USA version)
USA version: 1,2,3,5,6,7,8,9,10,15,
+Gimme Your Love(Aretha Franklin,JB)

JB CD(Japan)
(CD,Japanese version)
(ポニー・キャニオンPCCY-00396)
Japanese version: 1,2,3,5,67,8,9,10,15

Soul Session Live
  1. Papa's Got A Brand New Bag
    (James Brown)
  2. How Do You Stop
    (JB)
  3. Cold Sweat
    (Wilson Pickett,JB)
  4. In The Midnight Hour
    (Wilson Pickett)
  5. Out of Sight
    (Billy Vera)
  6. When A Man Loves A Woman
    (Joe Cocker)
  7. I'll Go Crazy
    (Joe Cocker,JB)
  8. I Feel Good
    (Robert Palmer,JB)
  9. Out of Sight (Reprise)
    (Robert Palmer,JB) 
  10. Try Me
    (Robert Palmer,JB) 
  11. Addicted to Love
    (Robert Palmer)
  12. Do Right Woman
    (Aretha Franklin)
  13. Jimmy Lee
    (Aretha Franklin)
  14. Please,Please,Please
    (Aretha Franklin,JB)
  15. Living In America
    (JB,Friends)

('87 Jan. Detroit, Taboo Club)

アメリカのケーブルTV用に行われたSPECAL LIVE
(VHS,LD,CD 但し、CDは曲目とMIXが違う)

「声」思いっきり上ずってマス。
パワーでは、JB に完全に負けてますが、ぶっちゃけ方
(ハイ。普通の日本語ではシャウトと言う.....けどこの場合は「金切り声」に近いかも。)と、スーツは勝ってるかな。(ついでに髪型も)

JB はもちろんだけど、他のゲストも「濃いっ」。
っで、対抗してか珍しく髭なんか生やしてます。
(ワイルドなつもり?)

palmer87

しかし、このビデオは、必見だと思います。Mr.Palmer の出番は合計10数分だけど何しろJBとデュエット(と言うより吼え合い?)なんですから。

うーん。
大御所、ファンクの帝王 JB と
Mr.Palmer が"friend"とは?
(そんな訳ないと思うけど........
たぶん当時人気があった soul系の歌手
っていう選択じゃないかな.............)

JB はともかく Wilson Pickett と Joe Cocker もいいですねぇ。
このビデオ見ると元気出ます。
(つまり、一緒に吼えてるって事!)

GO HOME PAGE

LIVE AT THE APOLLO NEW YORK CITY
1988年12月
LIVE AT THE APOLLO NEW YORK CITY
GO Best of...
突然、なぜか12年後、2001年になって発表されたライブアルバム

NYC NYC
(1988.12.15)

GO HOME PAGE

 

Japan Tour '89
1989年3月
Japan Tour '89 (front)
GO Mr.Palmer in Japan
Set List 
  1. Some Like It Hot
  2. Hyperactive
  3. Discipline of Love
  4. Tell Me I'm not Dreaming
  5. Every Kinda People
  6. I didn't Mean to Turn You on
  7. Communication
  8. Looking for Clues
  9. Dreams to Remember
  10. Change His Ways
  11. Pride
  12. Woke Up Laughing
  13. Sneakin' Sally Through the alley
  14. Johnny and Mary
  15. It could Happen to Me
  16. Riptide
  17. She Makes My Day
  18. Between Us
  19. Walk Beside Me
  20. Casting a Spell
  21. More Than Ever
  22. Bad Case of Loving You
  23. Simply Irresistible
  24. No Not Much
  25. Tomorrow Night
  26. All Shook Up
  27. Early in the Morning
  28. Addicted to Love

このライブの模様はTVでも放送された(らしい)。

@Sibuya '89
(1989.3.11 渋谷公会堂)

@Nakano '89
(1989.3.14 中野サンプラザホール)

GO HOME PAGE

 

LIVE AT BIRMINGHAM CITY FOOTBALL STADIUM
1989年6月

ROBERT PALMER LIVE
GO LIVE AT BIRMINGHAM CITY FOOTBALL STADIUM

HEAVY NOVAツアーのLAST LIVE。
(1989年6月10日)

(多分)正式にリリースされた唯一の本格ライブビデオ
"ROBERT PALMER LIVE"(全9曲(内2曲はUB40と))と、
ビデオクリップ集"HEAVY NOVA"(3曲)で見ることが出来ます。(曲目ダブりなし)

バックはギターのエディー・マルティネス、
ドラムのドニー・ウィンなど、Palmer氏なじみの面々。
会場は、巨大競技場で少々のりが良くない
(大部分はUB40のファンでしょうねぇ...)気がするけど、
これが見ることが出来る(videoで録画されて残ってる)のは
史上最大の幸運の極みです(大袈裟)。

本当にこれが見られるのは幸せです。
特に私のような遅れてきたファンとしては、
日本にツアーに来てくれない限りLIVEなんて絶対に見ることは出来ない...し。

GO HOME PAGE

The Power Station Japan Tour '96
1996年12月


GO The Power Station Japan Tour '96

GO The Power Station Japan Tour '96

SET LIST

REVUE(製作中)

MERCHANDISE

ETC.

GO HOME PAGE

 

 

TOP OF POPS
1996年(?)
(The Power Station)
"She can Rock it"

TOP OF POPS
TOP OF POPS
イギリスのテレビ番組"TOP OF POPS"に出演したときのライブ。

これも、のりのりです(^^♪
(相変わらず)スーツをバッチりきめたパーマー氏。
「ため」効かせすぎ(^_^;)
少々苦しそう(歌詞、うろ覚え??なのかしら...)

GO HOME PAGE

 

 

HARD ROCK LIVE!
1996年
"some like it hot"
"sneakin sally through the alley"
"bad case of loving you(doctor,doctor)"
"simply irresistable"
"addicted to love"

HRL
HRL
アメリカのテレビ番組"HARD ROCK LIVE!"に出演したときのライブ。

バックを勤めるのはセミジャズ・ポップスバンド"The Max Weinberg's 7"&エディー・マルチネス。
スーツをバッチりきめたパーマー氏、眼鏡をかけて登場。
これものりのりです、が、少々お声が上ずってるような気がする。
自筆カンペほしい(Simply irresistableでは歌詞間違えそうになって苦笑 い...。歌詞、ちゃんと覚えてくださいねぇ...)

GO HOME PAGE

 

 

Later with Jools Holland
1999年
"Stone Cold"
"20million things"
"Pride"

LJHLJH
LJHLJH
LJHLJH
イギリスのテレビ番組"Later with Jools Holland"に出演したときのライブ。

Rhythm & Bluesリリースにあわせたプロモーションの一環としてアルバム収録曲中心の選曲。
"Stone Cold"は12人のコーラスを従え、
"20million things"はJools Hollandのピアノと共に、
そして圧巻はアカペラ・コーラスによる"Pride"。
期待を裏切らない素晴らしいパフォーマンスです。

GO HOME PAGE

Rhythm & Blues Tour '99(USA)
1999年9〜10月

GO Rhythm & Blues Tour '99

新作Rhythm & Blues発売(1999年7月)に伴うアメリカ(とカナダ)のツアーは、約1ヶ月半にわたって行われました。エディー・マルチネス(ギター)、12人のコーラス(The Big Sound)も参加しました。

(このツアーの詳細、レヴュー等は、The Unofficial Robert Palmer WebpagesNews pagetour pageにあります。)

GO HOME PAGE