廃棄雪上車

 

昭和基地内での移動手段はトラックなどですが、大陸に行ったりするときには雪上車を使います。

毎年のように雪上車を持って行きますが、厳しい環境で酷使するため、廃棄され放置された物も多数あります。

今はゴミの持ち帰りで数が少なくなりましたが、それでも多くの廃棄雪上車が残っています。

 

壊れた雪上車はまとめて並べてあります。さながら「昭和基地歴史博物館」といった感じです。

 

雪上車と言ってもいろんな形があります。

 

比較的新しい物は、まだきれいですね。

 

どうやったらここまで壊れるのか。上半分は原型がありません。

 

キャタピラのみ残った物もあります。

 

全く原型のない物も。車軸の周辺のみ残ってます。

 

横倒しになって、腹を見せています。奥にあるのは多目的アンテナのレドームです。

 

反対側から。雪上車の乗り心地は、正直言ってすごく悪いです。

 

別の雪上車です。かなり古いタイプみたいで、今の雪上車と形が違いますね。

 

中の様子です。雪上車はキャタピラで動くので、重機と同じくレバー二本で動きます。

 

いつまでも放置しておくわけにもいかないので、順次古い雪上車は持ち帰っています。

 

南極は世界でもっとも環境にうるさい場所です。廃棄物の持ち帰りも、環境整備の一環です。

戻る