シリアの花嫁    
監督 エラン・リクリス    
出演 ヒアム・アッバス マクラム・J・フーリ クララ・フーリ

イスラエル占領下のゴラン高原、マジュダルシャムス村。
もともとシリア領だったこの土地に暮らす人々にはイスラエルの国籍を取得する権利が与えられているものの、大半の人々はシリアへの帰属意識を強く持ち、“無国籍者”として暮らしていた。
そんなある日、村の娘モナ(クララ・フーリ)の結婚式が行われようとしていた。
彼女は境界線の向こう側、シリアにいる親戚筋の人気俳優タレルのもとに嫁ぐのだった。
モナは純白のドレスを手に、結婚式の準備のため、姉のアマル(ヒアム・アッバス)とともに村の美容院へと向かう。 
しかし花嫁の表情はすぐれない。なぜならば、境界線を越えて嫁ぐということは自動的にシリア国籍が確定してしまい、二度とイスラエル側にいる家族とは会うことが出来ないということを意味していたのだった。

キルヤト・シュモナ(イスラエル北部の都市)のホテルでは、一家の長男ハテムが妻と幼い息子と朝を迎えていた。
彼はロシア人女性と結婚してロシアへ渡ったが、妹モナの結婚を祝うために、8年ぶりに故郷へ戻ろうとしている。
父や長老たちに逆らってロシア人と結婚したため、勘当された身だ。次男のマルワンも、商売をしているイタリアから妹モナの結婚を祝いに戻って来た。 
しかしながら掟を破ったハテムの帰郷は長老たちに許されない。長老たちは信仰に背いて彼を迎えれば縁を切る、とハメッド(マクラム・J・フーリ)に迫る。
ハメッドは、今日を逃せば、息子は永遠に妹に会えなくなる、と伝えるが長老たちには受け入れない。 

一方、イスラエルの警察署にはシリアの新大統領を支持するデモが行われるので、注意するように命令が下される。
また、シリア側に嫁いでゆく花嫁がいるが、花嫁の父親のハメッドは軍事境界線へ行かせるな、との命令も。
ハメッドは親シリア派で、政治運動をしてきたため、投獄された経験もあり、イスラエル警察から睨まれているのだ。
今は保護観察下におかれていて、デモへの参加は厳しく禁じられている。 

家に戻ったモナは、村の人々の祝福で迎えられるが、アマルに結婚への不安を打ちあけるモナ。
例えうまくゆかなくても、もう村には帰れないのだ。そんな妹をやさしく励ますアマル。
そうこうするうちに、ハテム一家が実家に到着。
息子の8年ぶりの帰郷に母は感涙し、家族は再会の喜びでいっぱいだ。父ハメッドを除いては。 
村では花嫁だけのパーティが盛大に始まった。
アマルの自宅では夫婦喧嘩の真最中だ。世間体ばかりを気にする夫に、アマルは嫌気が差している。 

いよいよモナは、祝福されながら家を出発する。 
モナ一家は“境界線”に到着し、シリア側には花婿タレルも到着。
モナがシリア側へ渡るための手続きを行うイスラエルの係官も到着し、彼女の通行証にイスラエルの出国印が押される。
国際赤十字のジャンヌがモナの通行証を持ってシリア側へゆく。モナの代わりに、彼女が指定の手続きを踏まねばならない。
手続きの終了を待つ家族。しかし、ここで思わぬトラブルが発生し…。 
果たして花嫁モナは、無事に境界線を越えて嫁げるのだろうか!? 

1967年の第3次中東戦争でイスラエルに占領されて以来、ゴラン高原の支配権はイスラエルとシリア双方が主張して譲らず、結果としてそこに住む人々はどちらの国にも属さない“無国籍者”になった。
事態を複雑にするのが国境という存在で国連も両国の内政には無力の存在である。
こんな特殊な状況下を、さまざまなエピソードで手際よく説明していく。
ゴラン高原の名は幾度となく聞いたが、実際にこのような場所なのかと初めて目の当たりにする。

人物設定はメリハリが効いていて解りやすい。
父親は政治的に過激で、母親はそれを見守るしかできない。
長女のアマルは、家族のことを心配するしっかり者だが夫に嫌気がし自立を目指している。
長男のハテムはロシア人と結婚して村を出たために勘当されている。
次男のマルワンは無国籍のまま海外で手広く商売中。
末の弟のファーディはシリアで暮らす大学生。
アマルの夫であるアミンは世間体を気にするだけの保守的な男。
その単純な設定ではあるが複雑な家族関係が、単純ではあるが複雑な国家間の状況と折り重なっていく展開はうまいと感じる。

その複雑さは、分断された家族が高台に上って、遠くに相手を見ながら拡声器を使って会話するという、冗談のような場面で象徴されている。
そして更に国境での結婚のセレモニーのいきさつに於いて中東情勢のすべてが表現される。
人間が作った国境で翻弄される人間のこっけいさがこれでもかと描く。
それでも、そのような政治情勢など関係ないとばかりにふるまう凛としたモナの姿に感動し、そのモナに勇気づけられるように凛とした態度を見せるアマルにも感動を覚える。
かつて彼女は娘のマイに「あなたは未来をつかむのよ」と語っていた。
彼女たちの凛とした姿は、未来を信じて進んでいく姿であり、それが平和の訪れを信じる監督のメッセージでもあったのだろう。