2016年12月31日(土)
2016大晦日

墓参りして、いよいよ2016年の大晦日を迎えた。この一年を振り返れば思いが様々とあるが自分としてやってきた。そして家族も元気にそれなりにやってきた。感謝の気持ちが自然と湧きあがるようだ。

2016年12月30日(金)
買い物難民になりそう

正月を前に食料など買い物が多いが、近くにあったスーパーが建て替えのために閉鎖中。より遠くに買い物に行くと結構疲れる。途中の川には鴨が群れになって泳いでいた。
 まちの川 ゴミと並び 鴨の群れ 

2016年12月29日(木)
京都の大市

京都の大市といえばすっぽん料理で有名な老舗の料亭だ。20年ほど前にそこを訪れてすっぽん料理を味わった。店は元禄時代の建物で自慢の味もすばらしい。今朝はテレビの番組で芸能人が訪問して報道していたので興味深く見ていた。

2016年12月28日(水)
年末の掃除

年の暮れとなり、行事として家の掃除をした。年齢に合わして体力に応じて相当な手抜きをしたものだ。それでも何とかやり終えて気分的にはよかった。

2016年12月27日(火)
ひとつひとつ

風邪を又もや引いていたがひとつひとつ体も良くなっている。何事もひとつひとつ前に進んでいくといい。散歩して帰宅の途中に西方の空を眺めると雨あがりの空にきれいな夕焼けが顔をだしていた。

2016年12月26日(月)
年末の五、十払い

散歩していてやたらに車が多いなぁと思っていたら25日の昨日が日曜日だったので、今日26日が五、十日となったためだ。これが年末と重なって町中に多くの車が走った。銀行にも客が多かったそうだ。

2016年12月25日(日)
近くの公園

家の近くの八戸の里公園は、この辺りでは比較的大きな公園だ。ここにはよく散歩に来るが中央の大きなモニュメントの周りが工事されている。このモニュメントは元々噴水だったが、このことを知っている人は少ない。長年水を噴出さないモニュメントとしてきたが周りが工事されているが、何のためか説明なしにされているので何の為かわからない。

2016年12月24日(土)
大阪の味

大阪の味の一つに河内鴨肉があろう。今日はこの鴨のハリハリ鍋を味わった。水菜を入れて関西風の薄味はやはり美味しい。豊臣秀吉が広めたといわれている河内鴨は味わい深い。

2016年12月23日(金)
この寒空に大火事

糸魚川の大火事には驚いた。夜空に火の粉が飛び行き、火事は一向に収まらなかった。寒さ厳しい折に罹災された方々に気の毒で声の掛けようもない状態だ。災難はいつ誰に起こるか予測不可能だろう。

2016年12月22日(木)
ハングル勉強会の忘年会

今日はハングルの勉強会の今年最終回になり、布施で忘年会を持った。一年通じて何とかやり遂げられてよかった。これも多くの人のおかげ様だろう。

2016年12月21日(水)
年の瀬②

年の瀬となれば何となく心せわしい。散歩の途中で郵便局に立ち寄りはがきを求め、電器屋ではプリンターのインクを買った。これらは補充に備えたものだ。

2016年12月20日(火)
傷んできたプリンター

年賀状をパソコンで書いているが、長年使ってきたプリンターの調子がよくない。年賀状発送の前に故障を起こしたくないが調子がよくないので辛抱して使っている。だましだまし使っているといってよい。

2016年12月19日(月)
マレーシアの高校生

行きつけの喫茶店に行くとマレーシアの高校生が知人と一緒にカウンター前に座ってコーヒーを飲んでいた。ライオンズクラブが招待している高校生だ。少し話をすると大変聡明な印象を持った。将来が楽しみな青年だ。

2016年12月18日(日)
歳末の行事

歳末となれば大掃除もあれば年賀状の書上げとか色々あって悩ましいところだ。今年も一つ一つ準備して新年を迎えたいものだ。

2016年12月16日(金)
英会話会の忘年会

定例の英会話の会の終了後に今年の忘年会を布施で持った。寒い季節の中で暖かい鉄板焼きは有難い。美味しいものを色々頂いたので満足して帰宅した。

2016年12月15日(木)
変わる小阪駅前

河内小阪駅前には新しい建物が建って街の表情が変わっていくようだ。これからいいように変わるといいのだが。

2016年12月14日(水)
地元商店が魅力

地元では昔から頑張っている食料品の総合店がある。最近、ときどき寄っては入るが結構よい食物をを置いて売っている。今日は米粉で作ったパンを買ってきた。中々おいしそうだ。今度は太い下仁田ネギを買って帰ろう。

2016年12月13日(火)
プーチン大統領と柔道

プーチン氏はこよなく柔道を愛している。そしてこの界の覇者である山下康裕氏には一目を置いている。山下氏の暖かい性格は口で描く東大阪在住であった故安達画伯をこよなく尊敬していた。プーチン氏は間もなく来日する。

2016年12月12日(月)
金が儲かれば何をやってもいいのか

iRという訳のわからないカジノ解禁を含む法案が可決されようとしている。経済が活性されるとか金が儲かると言って何をしてもいいのか。凡人にはわからないが将来が不安になる。

2016年12月11日(日)
電気カミソリ

10年使っていた電気カミソリが動かなくなった。すぐに近くの電器店に買いに行った。何種類が商品棚に置いていたがとりあえず以前のメーカーのものにした。壊れやすいこの頃10年も使えたのは幸運なほうだ。割合と安価のものだったのでそんなに期待はできないかも知れない。

2016年12月10日(土)
高齢者は風邪に注意

またしても風邪をひいてしまった。体力が低下しているので風邪にひきやすくなっている。ひいたら回復が遅くなっているので風邪をひかないように注意がいる。

2016年12月8日(木)
昔の食材

近所のスーパーに行くと昔好きだった赤色包装のウインナーが売られていた。懐かしさとおいしさでかなりの量を購入した。家では小皿にマヨネーズを入れてウインナーを食べてみた。思ったように味は裏切らずに美味しかった。見た目のような味がした。

2016年12月7日(水)
学校時代の友人たちと

学校時代の友人たちと忘年会。今年も何とか一年を過ごすことができそうだ。これをもってありがたいと思い感謝する。年内はわずかにまだ残っている。

2016年12月6日(火)
食と人

食べ物が人をつくる。人は食べ物を選ぶ。長年生きてくると何を食べていたかによって人生も変わってくるという。何よりも美味しく頂いてこそ健康になろうかと思うが自分が正しい食生活したかについてはまったく自信がない。

2016年12月5日(月)
西武百貨店を惜しんで

来年2月で閉店になる八尾西武百貨店を惜しんで友人たちと忘年会を開いた。8階の韓国料理で美味しかった。会話も弾んでよかった。

2016年12月4日(日)
何故に日記を書くのか

習慣とは言えなぜ日記を書くのか。これは実際のところこれといった理由がわからない。自分から意見を発表できる道具としてきた若い時期があった。今はそのようlな思いが薄れている。大げさに言えば生きている証の一つにしているのだろうか。

2016年12月3日(土)
川中屋敷で演奏会

川中屋敷で音楽会があるので参加した。約70名ぐらいの聴衆が集まっていた。この屋敷の茅葺きの修繕がほぼ完成していた。これで屋敷の風貌も益々良くなっていくだろう。庭ではサポータによる焼き芋会が催されていた。

2016年12月2日(金)
あちこち傷んでくる身体

体も長年使っていると傷んでくる。午前中は内科に行き、夕方は眼科の門を叩いた。長持ちさせるには医師に相談していくやり方をとっていく。これも高齢者の大事な仕事だろう。

2016年11月30日(水)
ゆっくりと過ごす

生活をゆっくりと過ごす。心身ともにリラックスして過ごしていきたい。
 冬陽浴び 朝餉を妻と ゆったりと

2016年11月29日(火)
小阪のまち

近所は高齢化している。自分も高齢化だが町全体がこの波に覆われている。しかし買い物するのに便利な店が次から次と閉店してしまう。今日も下着など衣類の買い物に一駅向こうの小阪駅前まで行った。

2016年11月28日(月)
美山集落でのスケッチ

茅葺きの集落・美山に退職者会で団体で行った。その折、時間を見つけてスケッチをした。この帰途バスの中で現役時代に恐れていた怖い上司の先輩から絵を褒められた。絵の自慢をしたいのではなく怖い存在だった先輩の優しい一面を見たうれしさを胸中に抱いたことだ。その先輩は亡くなれてしまった。いま、この絵をホームページに掲載している

2016年11月27日(日)
サークルの集い

河内の郷土文化サークルセンターの「サークルの集い」が昨日と本日の2日間開かれた。今回のテーマは河内の水害だったのでなかなかの力作が多く出展されていた。

2016年11月25日(金)
茜雲うかんで

散歩して帰ろうとしてふと東方を見ると茜雲がぽっかりと浮かんでいた。自然のなす美しさにしばしみとれた。

2016年11月24日(木)
幼子が殺される嫌な世

幼子や女性がよく殺される嫌な世の中になったものだ。世の中が殺伐としているがいつの時代も弱い者が犠牲になっている。

2016年11月23日(水)
修行の場

生活の場は修行の場か。日常生活は考えると山あり谷だなと思えてくる。今日も自分なりに修業した。

2016年11月22日(火)
地震の多さに驚く

東北に強大な地震が起こった。そんなに被害が起こってないのがまだ救われる。それにして地震が多すぎるし、福島原発が心配だ。

2016年11月21日(月)
かりんの実る家

散歩の途中の家にはかりんが実っている。うらやましいほどにたわわに実っている。かりんの実を焼酎につけておいてと少しづつ飲むと喉にいいらしい。

2016年11月20日(日)
真田丸と大坂の陣の戦跡を歩く

生野区有志による取り組み「真田丸と大坂の陣の戦跡を歩く」に参加した。
新しい発見があり面白いイベントだった。午後から宮本順三記念館での講座に参加して勉強した。

2016年11月19日(土)
偲ぶ会

ボランティアで高齢者問題に取り組んできた故白石雅朗氏を偲ぶ会がラウンジ22にて開かれた。白石氏の意思や性格に惹かれて多くの人が集まった。今でも優しい顔や人柄が浮かんでくる。

2016年11月18日(金)
安普請のパソコン

最近の日本製パソコンは安普請でできているので困っている。メーカーとしてのプライドはどこに行ったのだろうか。これでは外国製に勝てないだろう。

2016年11月17日(木)
暖かい日和

冬に入ったというのに暖かい日だった。日によって気温が変わるので体を調整するのに大変だ。散歩して帰宅すると背中に汗をかいていた。

2016年11月16日(水)
歯医者で点検

歯の定期検診に出かけた。予約制なので指定の時間前に入るとスムースに点検が進む。毎日歯間ブラシまで使っているのでお医者さんからよく手入れができていると言ってもらった。良かったと胸をなでおろしたくなった。

2016年11月15日(火)
今日も好日

今日も好日である。行きつけの喫茶店に行き常連客と取り留めない話を繰り返して楽しむ。帰途にはなじみの下町を通って帰り、顔なじみの人と会えば軽く会釈しあいさつとする。

2016年11月14日(月)
生駒の鬼取を歩く

生駒山中の鬼取に取材のために行って、人気のピザを食べに行った。確かに雰囲気ある店でビザも美味しかった。店内から見える景色は抜群であった。ここから帰途に枚岡駅まで歩いたが途中で坂の為バテテしまった。

2016年11月13日(日)
何かをしている

いつも何かをしている。家でいる時も散歩をしているときも何かをしている。何かをしていないと落ち着かないというのが正確か。貧乏性なのだろう。

2016年11月12日(土)
ふれあいのつどいと瓢箪山音楽祭

近くの八戸ノ里公園で「ふれあいのつどい」開催されており行ってみた。公園や体育館でゲームや機織りなど多彩に繰り広げられており楽しいそうな雰囲気があふれていた。次に瓢箪山駅前のミニ広場の瓢箪山音楽祭を楽しみに行った。

2016年11月11日(金)
柳本を歩く

三輪の近くの柳本周辺を元職場OB会主催の歩くイベントに参加して散策した。天気も良く大和は素晴らしいと思った。大和らしく柿があちこちで色づいていた。

2016年11月10日(木)
トランプと世界
アメリカの大統領にトランプが選ばれ、不安がっている人が多いみたいだ。選挙の結果は正しかったかどうかは今後の成り行きを見なくてはわからない。アメリカでは反対のデモが起こり混乱している。
2016年11月9日(水)
東高野街道の資料作成

東高野街道を文化資源としての第一回資料作成会議が開かれた。対象が広いだけにどういう切口にするのかが問題だと思う。

2016年11月8日(火)
加熱する米国大統領選

あと数時間で米国の新大統領が決定される。クリントンかトランプか?それぞれが政策を明確に討論しないままに終わりそうな選挙活動はやはりまずいだろう。

2016年11月7日(月)
日を間違って

友人たちと会う日を間違っていってしまい、仕方なく天王寺から難波へ散策した。天気も良くて町をぶらぶらして幼馴染みと久しぶりに難波で食事を共にした。

2016年11月6日(日)
ひょうたん山夢街道祭り挙行

準備を進めてきたひょうたん山夢街道祭りが開かれた。天気も良く瓢箪山駅周辺がにぎやかになった。東高野街道の歴史の周知や住民が楽しめるよう駅前広場でステージの上で音楽などのパーフォマンスが繰り広げられた。多くの学生のボランティアに支えられた。

2016年11月4日(金)
冬は冬らしく

冬になれば服装は厚着になるし、食べ物はなべ物など暖かいものがいい。今日の夕餉にはぶり大根が食卓に上がった。好物であるので食は余計に進んだ。

2016年11月3日(木)
肌寒い中

早くも冬を感じさせる寒さになった。薄着のままに過ごしているが、そのまま外出して歩くと初めは寒気を感じるが歩いていると背中に汗がにじんでくる。気持ちがよくてもっと歩きたいとも思う。

2016年11月2日(水)
心の安定

先日テレビを見ていて意外なことに気づいた。高齢で身動きが取れない人が心が満たされていることに驚いた。人の手を借りないと生きられない人がそういう感想を持っている。人は見た眼でなく心の問題なのだ。まして役に立たないと決めつけて障かい者を殺すことは論外なことだ。

2016年11月1日(火)
植木の手入れ

小庭に植木が育ち、年に何回かは、はさみで手入れする。ところが木はますます大きくなり、こちらの体力は年々落ちてくる。今回は自分でできる最後かなと思いながらはさみを手にしている。

2016年10月31日(月)
22会
市庁舎の展望台の利用で22会の会合があった。12月は音楽の夕べと電飾展示をすることになった。さて本番はうまくいくかの不安があるが、新しい試みも面白い。
2016年10月30日(日)
京都の一乗寺

本の取材で京都の五条や一乗寺あたりを取材に出かけた。天気も良く観光客が多く京都に来ていた。京都の2か所を短時間だが廻り素晴らしさを満喫した。芭蕉が好ん 行った一乗寺の金福寺は情緒ある素晴らしいところだ。

2016年10月29日(土)
知人のリサイタル

知人が八尾の町でジャズのリサイタルをした。知人は80歳にもなろうかとした女性であるが趣味でジャズを習っている。今日はそのリサイタルが開かれたので聴きに行った。歌によってはパリや外国のまちが出てきて楽しかった。

2016年10月28日(金)
夜長の秋

夜長の秋には何をしようかと思う。好きな本を読むのもいいし、静かに音楽を聴くのもいいだろう。その日によっても違うだろうがゆっくりと楽しむのがいい。

2016年10月27日(木)
まち歩きへの参加

地方自治体OB  職員の会で八尾でのまち歩き会に参加した。およそ200人ほどの参加があり秋の一日を楽しんだ。八尾は歴史あるところなので心地よい催しとなった。

2016年10月26日(水)
秋もたけなわ

秋もたけなわの時期なのに、蒸し暑い日が続く。そして雨が降り不安定な天気が起こっている。澄み切った青空を期待している。

2016年10月24日(月)
日記に書き込みできない日

日記に何も書き込みができない日もある。そう毎日書く材料があるわけでもない。いつも行く喫茶店が今日は休みなので近くの大きな喫茶店に行ったが客は少なくウエイトレス一人で対応していた。

2016年10月23日(日)
書店に寄る

よく行く小阪駅では駅前の栗林書房に寄ってみた。読んでみたい本が並んでいたので購入して帰った。帰宅してゆっくりと楽しんで読もうと思う。

2016年10月22日(土)
四条・六万寺のまち歩き

やまなみプラザの企画で地元のまち歩きをした。往生院まで歩いたが結構勾配があって体にこたえるがいい運動になった。

2016年10月21日(金)
地震の発生

公共施設でクラブ活動をしているとき、地震が起こった。鉄筋コンクリートの建物がゆらゆらと揺れが続いた。場内放送で机の下に入ってくださいといわれたが、建物が崩壊したときはこれではだめだと思った。結局は館外に避難した。

2016年10月19日(水)
夏日が続く

夏日が戻ってきた。服装も半そでを身に着けたいぐらい蒸し暑い。気候がそうであるように一直線には何事も進まないようだ。

2016年10月18日(火)
観光について

中小企業会長倶楽部による東大阪市の取り組みの催しがあり説明を受けた。東大阪市における観光元年が始まるという。これまでも観光協会の活躍があるが、ラグビーワールドカップがあり取り組みが遅きの感んがしないわけではないが大いにやってほしい。

2016年10月17日(月)
地元の商店の人と

地元の精肉店の人と話をした。ここはコロッケとかカツレツをときどき買いに来る美味しい店。和歌山の山から大阪に出てこられた。お話を聞いていると次から次と興味が湧いてくる。身近な街の人が大変面白い。

2016年10月16日(日)
秋日和に遊ぶ

心地よい秋日和の日に大和で思い切り遊ぶ。近鉄奈良線の富雄から尼ヶ辻そして奈良へと行く。久し振りの天気で奈良を満喫する。

2016年10月15日(土)
あしたづ編集会議

第2回編集会議が開かれた。第19号の原稿はそろった。表紙をどうするかが検討課題になっている。午後から大阪商業大学で河内学講座があった。今日で今年の講座の終わりとなった。

2016年10月14日(金)
古地図への関心

江戸時代の地図を眺めていると興味や関心が湧いてくる。この地図からは新しいことが多く学べる。

2016年10月13日(木)
秋は忙しい季節

秋になるとイベントが催されるので忙しくなる。地域の活性化につながるならできるだけ参加しようと思っている。

2016年10月12日(水)
次の本の出版に向けて

新しい本の出版に向けて出版社と打ち合わせを行った。より良い本に向けて努力をしていきたい。

2016年10月11日(火)
ひょうたん山夢街道祭り準備作業

ひょうたん山夢街道祭りでのパレード準備作業でやまなみプラザに行く。大分進んできたがあと一歩の仕上げが必要だろう。一つのイベントをするには時間と努力がいる。

2016年10月10日(月)
クリントン&トランプ

アメリカの大統領第2回討論会をライブで見ていた。討論の問題要点がよくわかってきた。今回でほぼ勝負がついたようだ。CNNの討論後の調査によるとクリントンの圧勝のようだ。

2016年10月9日(日)
涼し気な風が吹く

冷たく感じる風が吹いていた。散歩には長袖を着て出かけた。温度の変化には驚くほどだ。日本にははっきりした四季の変化がある。

2016年10月8日(土)
倉敷に行く

河内の郷土文化サークルのバスツアーの催しに参加して倉敷に行った。久し振りの倉敷は素晴らしくて圧倒された。ここはよく保存されており日本の宝の一つだと思った。

2016年10月7日(金)
いまそら

いまそらがソーシャルネットワークではやっているという。今の空を携帯で撮りそれを投稿し合いするだけらしい。確かに空は万人につながるものだろう。

2016年10月6日(木)
ひょうたん山夢街道祭り近づく

夢街道祭りは11月6日、今日は締めの実行委員会が開かれた。地域で広まったせいか参加者は増えていく。有り難いことだ。

2016年10月5日(水)
いつまで続くか台風

次から次と来る台風。異常気象といえ韓国では大きな被害を受けているが日本列島もとても安心できない。耐えて対策する以外は方法はないだろう。

2016年10月4日(火)
伊賀上野を訪ねる

今日の午後から思いついたようにして伊賀上野へ向かった。松尾芭蕉を調べているので芭蕉の生家がある伊賀上野を訪れたいと願っていた。土地勘がないので交通機関を調べるのが最初の行動だった。JR奈良線から伊賀線に乗り換えしなければならない。このことも知らなかったので現地で慌てたが生家跡には行けた。

2016年10月3日(月)
ひょうたん山夢街道祭準備

11月6日の本番に向けて行列とイベントの準備を進めている。今日は牛車の牛の制作をした。実行委員の人たちと楽しく作業をしている。

2016年10月2日(日)
読書の世界

本を読むことは知識を広め世界を広めることになるが第一に面白い。
人類は文字を知り本を知ることにより大きな進歩があったことはわかる。秋は読書の秋でもある。

2016年9月30日(金)
地域歴史を掘り起こす

自分の周りにある地域歴史を少しでも掘り起こしていきたい。自分の能力の限界はあるが可能な限り挑戦したい。
今日はそのために出版社に原稿を送付した。

2016年9月28日(水)
蒸し風呂のような

湿度が高くてやりきれないほどだ。外部に出たほうが涼しいが歩くと汗がどツと噴き出す感じだ。夕方歩いていると雨が降りだしたが傘を用意していたので助かった。

2016年9月27日(火)
膳所もよし

松尾芭蕉の墓がある膳所の義仲(ぎちゅう)寺を訪ねていった。昔の東海道沿いにある義仲寺は木曽義仲の墓所だが、芭蕉は遺言を書きここに墓をと希望した。初めて訪れたがひっそりした芭蕉好みの寺なり。

2016年9月26日(月)
自転車は便利

調べ物があったので大阪市内を回った。電車ではこんなに回ることが困難だろう。真夏のことを考えれば涼しくなってよかった。

2016年9月25日(日)
22階の河内木綿展おわる

東大阪市庁舎22階で河内木綿展を今月15日から開催して今日で終了した。遠いところからも来ていただいた。新しい企画を又取り組みたいものだ。

2016年9月24日(土)
河内の郷土文化サークルセンター理事会

定例の理事会が開かれ11月の「サークルの集い」の審議がされた。その後大阪商業大学博物館主催の河内学の講座があり参加した。

2016年9月23日(金)
アベノミクスへの疑問

日銀の政策はこの3年余りうまくいっていないことは日銀が認めている。日銀と大いに関係しているアベノミクスに疑問を抱きかねない。

2016年9月22日(木)
多忙の中でのひと休み

中秋の彼岸日は墓参りなどで忙しい一日となる。そんな中で一休みすることが大事だ。一通り用事が終わって夕食をするときホッとして後は少し眠ってしまう。

2016年9月21日(水)
福原愛さん

福原愛さんが台湾の卓球選手と結婚した。おめでとうと祝いたい。よちよち歩きのときからラケットを持ち頑張っていた。ここまで頑張ってきたのを映像を通じてだがよくわかるように思う。

2016年9月20日(火)
足腰が痛む

昨日は暗峠辺りを歩き過ぎたようで、今日は足腰が痛む。
 秋風に 歳を感じる 身体かな

2016年9月19日(月)
暗越奈良街道めぐり

取材のために暗峠辺りを歩いた。途中に髪切山慈光寺に参拝し、久し振りに峠の茶店すえひろに寄り休憩した。ご夫妻はお元気でこちらが励まされた。生駒駅に下山したが体力の限界を感じた一日だった。

2016年9月18日(日)
満面の笑み

小阪にある老舗のお菓子屋さんに行くと女性店員が満面の笑みで迎えてくれる。こんな笑みは最近見かけたことがないだけにこちらの顔の頬が自然と緩んでしまう。今日もいい一日だった。

2016年9月17日(土)
展示と講談

東大阪市役所庁舎の22階で河内木綿展示と旭堂南青氏の講談会が行われた。新しい企画だったが割合好評でよかった。

2016年9月16日(金)
松尾芭蕉の俳句

芭蕉は旅の疲れの中、大坂で死にゆく。「この秋は何で年よる雲に鳥」の句を読む。年齢は50歳だったがすでに自分の思うようには事ははかどらず、年齢を重ねた秋だった。

2016年9月15日(木)
市役所の22階

東大阪市役所庁舎の22階は展望台とラウンジがある。今日から河内木綿機織り展を22階において行っている。17日には旭堂南青師による河内木綿の歴史講談が催される。

2016年9月14日(水)
河内ふなの洗い

名物の河内ふなの洗いを布施の淡路屋で舌鼓を打ってきた。口の中に入れるとシャキシャキした味が何とも言えない。こういう地域独特の食材は残していきたいものだ。

2016年9月13日(火)
ひょうたん山夢街道まつり

第2回ひょうたん山夢街道祭りは11月6日に開催される。今日は地元の大学に協力をお願いしに伺った。学生さんのボランティア活動に期待をしている。毎回といってもいいぐらい協力をいただいている。

2016年9月12日(月)
少し前に

今日は蒸し暑いが風があって涼しい。暑さの中では、調べ物でもあまり進まない。しかし歩みを止めずに少しでも前に歩みたい。

2016年9月11日(日)
河内の国フエア

京セラドームにおいて河内の国歴史観光に関するイベントがあり、訪れた。知人が大道芸人として舞台に上がった。大規模なイベントだった。

2016年9月10日(土)
東大寺に圧倒される

取材のため東大寺を訪れた。今までに何回といっているのに今日は改めて、その大きさと立派さに圧倒されて感動した。中に安置している大仏も立派だが木造建築物では世界一の大きさだ。その姿は美しいもので江戸時代に再建されている。外国人観光客も多くて国際的な土地になった。

2016年9月9日(金)
話せば気が晴れる

家にずーつとおれば気が晴れない。外出して人と話せば気が晴れることが多い。いろんなことがあるけれども人に会い話せば得ることが多くて面白い、

2016年9月8日(木)
河内の街道シリーズ⓸

これまで出版してきた河内の街道を歩くシリーズ③に続き、⓸を執筆中。暑さも峠を過ぎたようなので秋になり頑張っていきたいと思う。

2016年9月7日(水)
あかんたれ

大阪弁で「あかんたれ」という言葉がある。腰抜けということだろうがチョット、ニュアンスは違う。自分は本当にあかんたれだと思う。しかし、この言葉に甘んじていては人生を全うできないから、じたばたしているようだ。

2016年9月6日(火)
少し涼しくなって

9月になり、少し涼しくなったと思えば台風が多くなって又身辺は忙しくなってきた。目が回らないように注意がいる。これが生きているという実感を否応なく感じさせているのだろう。

2016年9月5日(月)
ホームページの修復

なぜか突然にホームページでの日記の書き込みができなくなり、ホームページのソフト会社に問い合わせをした。昨日、一昨日は休日だったのでやっと今日問い合わせて何とかなっている。どうか修復が完了してほしいものだ。

2016年9月3日(土)
ホームページが故障

急ににホームページに書き込みできなくなった。この原因がわからず困っている。ウェブはブラックボックスか。/

2016年9月1日(木)
便利なネット不便なネット

ネットは現代では欠かせない存在だ。しかし大変難しい面がある。故障するとどうしょうもなくなる面がある。

2016年8月31日(水)
美術展

天王寺美術展で友人が出展しているので鑑賞に出かけた。立派な作品ばかりで迫力があった。久方ぶりの天王寺だったので食事して楽しんで帰った。

2016年8月30日(火)
近所の人と飲む

最近は付き合う人といえば近所の人が多い。近所のよしみということだろう。自分の生涯が終えるまで続く付き合いとなろうから大事にしたいものだ。今晩も近所の人と一献を傾けた。

2016年8月29日(月)
読書が進まない

大分前に割かし分厚い本を買ってしまった。「下町ロケット」を読みだしているが思うように読書が進まない。厚い本、炎暑の中の読書、目のおとろえなど要素が絡んでいる。しかし読んでいると面白くなってくるから途中でやめられない。

2016年8月28日(日)
位牌の供養

戦死した父の位牌を新しくして供養をするため仏壇店を訪ねた。近所の老舗の仏壇店だ。父の今の位牌は戦時中だったので相当に年月を経ているので以前から気になっておった。

2016年8月27日(土)
懐かしのメロディ

ふとテレビをつけると「懐かしのメロディ」という番組をしていた。わが青春時代の本当に懐かしい歌手や曲が登場していた。時には昔を振り返ってみたいものだ。

2016年8月26日(金)
日々を大事に

日々を大事にしたいとは普通であるがこの普通が大変難しいものだ。毎日を意識せずに送ってしまう。今日もそのような日を送ってしまった。

2016年8月25日(木)
変わりやすい天気

天気が大きく変化する。晴れていると思うと大雨が降ってくる。イタリアでも大地震が起こり大勢の人たちが亡くなっている。気を付けなければならないが、どうしょうもないところがある。

2016年8月24日(水)
東大阪市民美術センター

知人に薦められて東大阪市民美術センターで開催中の「ボクネンの世界展」を鑑賞に行った。沖縄出身の版画家・名嘉睦念氏の作品は素晴らしく迫力があった。多くの人見てもらいたいと思う。

2016年8月23日(火)
コツコツと調べてまとめたい

この暑い中でも、これはと思うテーマを見つけてコツコツと調べていきたい。この中で地味なことに喜びが見つかればいい。

2016年8月22日(月)
オリンピックの閉幕

スポーツの祭典・リオオリンピックが閉幕した。選手たちの活躍で活力を与えてくれた。テレビのほうも通常の番組に戻っていく。

2016年8月21日(日)
思いだす琵琶湖一周自転車旅行

5年前の夏は自転車で琵琶湖を一周した。途中で写真を撮ったり絵を描いたりして楽しかったので、HPに再び載せてみた。これらを見ていると鮮明に脳裏に浮かんでくる。

2016年8月20日(土)
400メートルリレー

オリンピックの400mリレー競争をライブ放送で観た。すごい迫力で日本チームが第2位でゴールに跳び込んだ。銀メダルだった。素晴らしい成績になった。

2016年8月19日(金)
孤独な選手

リオのオリンピック競技では生中継でテレビで見ていると、レスリングなどでは選手の顔の表情が大写しされる。それぞれが国の代表なので必死な顔であり孤独な表情が読み取れる。時には悲しくも見える。

2016年8月18日(木)
先輩たちが去っていく

自治会の役員の一人が亡くなった。かつては自治会の夜回りを一緒に行っていた先輩だ。天寿を全うされたが残念なことだ。

2016年8月17日(水)
シンクロナイズドスイミング

日本のシンクロナイズドスイミングが銅メダルを獲得した。ヘッドコーチの井村氏の指導が光っていた。彼女が中国に去った折には日本がメダルが取れなかったのではっきりしている。

2016年8月16日(火)
寝つきの悪さ

昼の暑さもすごいが夜になっても寝つきが悪い。夏の夜は困ったものだと思うが、それは考えても仕方がないので寝不足を補うため昼寝をしている。

2016年8月15日(月)
夏川を越すうれしさよ

与謝蕪村の俳句のひとつに夏川の句がある。この句、”夏川を越すうれしさよ手に草履”を何度もつぶやきながら炎暑の街を歩いた。そうすると少し涼しくなるように思えた。
 初秋の風のうれしさよ街を行く 三記雄

2016年8月14日(日)
墓参・若江の忠零塔

先祖の墓参りに行く。墓地内は一層気温が高く感じられるほどの暑さだった。先祖への供養を少しでもできたらいいとの気持ちでお参りをした。戦死した父親が祀られている若江の忠零塔にもお参りした。大勢の遺族会の関係者がお参りに来られていた。高齢化のため世代は次世代に替わっているのがわかる。

2016年8月13日(土)
郵便局へ

今日は土曜日で近くの郵便局は休みだが永和まで行けば郵便局は営業している。そこまで足を延ばして急ぐ郵便を投函した。気にしていた手紙だったのでほっとした。炎天下を歩いたので道中で影を求めてひたすら歩いた。
 横路地に 打ち水ありし そこを行く

2016年8月12日(金)
オリンピック

リオオリンピックの報道が多くて、関心が高くなっている。出場選手の活躍が素晴らしい。日本選手の頑張りが目立つようだ。

2016年8月11日(木)
与謝蕪村の故郷を訪ねて

蕪村が生まれた大阪の毛馬を訪ねた。淀川の堤防ちかくの毛馬に行った。暑い中に自転車で行き、目的地までに迷てしまいうろうろしていたら暑さが体に入ってしまった。高齢になると無理が効かなくなるが新しい事実を知ることができたのが喜びだ。

2016年8月10日(水)
風の音に

風の音が変わり、風が涼しくなっている。新古今和歌集にある和歌に気持ちが救われる。
秋来ぬと目にさやかに見えねども風の音にぞ驚かれる

2016年8月9日(火)
日下村森家庄屋日記

江戸中期の日下村庄屋日記を少しづつだが読んでいる。当時の森家当主長右衛門の日記には詳細な日常生活、世の中の動きをとらえている。庄屋としての責任感や苦悩が日記を通じて見えてくる。浜田昭子氏を中心にした日下古文書研究会の成果のたまものだ。

2016年8月8日(月)
日々是好日

暑くても寒くても好日でありたい。日本の内外では大変なことになっている。尖閣列島では大変な緊張状態にある。

2016年8月7日(日)
立秋にて

今日は立秋にてとても暑い。暦の上は秋なのに暑さは最高の37度。言葉は矛盾しているようだが事実だ。このような中、取材のために御堂筋の南御堂を訪れた。写真を撮っていると二人の外国人が話しかけてきた。尋ねるとネパール人だという。彼らに松尾芭蕉の辞世の句を英語で説明するが、俳句を理解するのが難しいようだった。
 炎天下どこに行っても炎天下

2016年8月6日(土)
小阪へ買い物

はげしい雨も止み涼しくなってから小阪へ買い物に出かけた。駅前の食堂で食事をした。ここには昔から通っている。買い物を前にして腹ごしらえをすました。
 老妻とかつ丼食べて秋立ぬ

2016年8月5日(金)
猛暑の中で

猛暑の中、食欲もダウンする。夕食には冷やしそうめんを用意してもらった。おつゆに刻みネギと擦り生姜を入れて,
のど越しにするりと通っていく。夏という季節感があっていいい。

2016年8月4日(木)kou
音楽は人を癒す

友人が高橋真梨子の歌を贈ってくれた。素晴らしい彼女の歌が数多く入っている。心のこもった曲は聴いていると心を癒してくれる。

2016年8月3日(水)
石切神社の夏祭り

石切劔箭神社の夏祭り神事を見学した。御幣と神輿が出て活気があって興味深く楽しんだ。御幣を担ぐ若衆は落とさないように必死な形相で神殿へ進む。守り切った若衆は表情爽やかに中には落涙した若衆もいた。

2016年8月2日(火)
見舞いに行って

奈良まで行って友人をお見舞いする。元気な姿を見せてくれたので安心する。何かともてなしを受けたのでこちらが恐縮し感謝する。

2016年8月1日(月)
電線の影

炎天下を歩いていると電線の一筋の影も有り難く、その下を求めて歩いてしまう。暑い暑い日が続くが、そのうちに立秋が来るだろう。

2016年7月31日(日)
ひょうたん山夢街道歴史シンポジュム

町おこしの一つであるひょうたん山夢街道歴史シンポがやまなみプラザで開かれた。市教育委員会の菅原氏から最近の発掘から占の件にふれて説明。枚岡神社・瓢箪山稲荷神社・往生院からパネリストとして占を取り上げて論評された。

2016年7月30日(土)
始皇帝と大兵馬俑

友人の手配で国立国債美術館で開催中の始皇帝と大兵馬俑を観覧してきた。紀元前の絢爛たる出土品の数々を目の前にして十分に楽しく学んできた。精神の浄化が少しできたようだ。

2016年7月29日(金)
同窓生の店

幼馴染が墓参りした帰りに同窓生の店に寄るからと電話があった。鉄板焼きの「よしひろ」に入って冷えたビールを飲みながら談笑してオーナーを交えて旧交を温めた。布施駅前ではやぐらを組んだ布施祭りの日にあたり河内音頭の踊りがにぎやかに繰り広がれていた。

2016年7月28日(木)
にわか雨

にわか雨に会って大急ぎに歩く。近くの高校の校庭では雨の中で高校生が運動を続けている。動いているうちに雨に濡れた体も乾くように。
 

2016年7月27日(水)
神社を訪ねて

河内の郷土文化サークルセンターの活動へ協力を求めてある神社を訪ねた。資料と説明で幸いにも理解を得られた。訪れたかいがあってよかった。その後、知人の家を訪問してお茶を出していただき、談笑しくつろいで帰ってきた。

2016年7月26日(火)
弱い者への敵視

現在は生き急いでいる人が多いのだろうか。世の中で生きにくがっている弱い人に対しきつい視線を送る人が多くなっているようだ。今日はそのような中異常で残酷な事件が引き起こされた。

2016年7月25日(月)
週刊誌の影響

東京都知事選では投票日を前に熾烈な競争が出ている。そのようななか一人の候補者の真実不明のスキャンダルを発表し大きな影響を与えているようだ。

2016年7月24日(日)
世間話の中に

本の日常に重たい貴重な話がある。家族のこと、親子関係などその人、家庭に物語があり歴史がある。せつなくて悲しくて感動がそれぞれにある。

2016年7月23日(土)
天神橋へ

知人からの誘いで天神橋筋へ行き、素人落語会に参加した。天神祭りを前にしてギャル神輿が出ていた。ギャル神輿はかっきがあるのでまわりのものや街に元気を与えてくれる。落語は女性の素人で演じられたがよく勉強されており、客席に感動を及ぼした。

2016年7月22日(金)
八尾の町

所要があって八尾に行ったが、八尾の町には長い歴史が感じられていい雰囲気なところだ。町にはそれぞれ文化があり、その独特の香りがする。それぞれに特色を出してもらいたいものだ。そのほうが訪れるものにも楽しみになる。

2016年7月21日(木)
韓国の新聞で知る日本

ハングルの勉強で韓国の新聞記事を読んでいると、世界で誇っていた日本の金型技術は輸出において世界第3位だという。1位は中国で2位は韓国で日本は後塵を受けている。そうか,技能オリンピックにおいても金メダルを減らしている状態だからそうなんだろう。

2016年7月20日(水)
うない子が・・・

避けようがない猛暑の日は高齢者にとってかなりつらいものがある。しかし、平安時代に詠まれた歌に心が救われる思いがする。
 うない子が すさみに鳴らす麦笛の音に起きぬ 夏の昼伏し(山家集)

2016年7月19日(火)
汗をかくと涼しくなる

暑い中庭の植木を刈り取った。刈り取ったといっても高枝はさみでチョキチョキした。これで少しはさっぱりとして涼し気になった。
 汗かけば 涼しき夏の ひと時かな

2016年7月18日(月)
釜揚げうどんの一忠

今月末で営業を終える、八尾の釜揚げうどん店の一忠の、その食を味わおうと訪れた。なんと!店の表にずらっと客が行列をなして待っているではないか。おまけに私の前で今日の材料は終わりですといわれてしまった。ここの釜揚げうどんの味を求めている人が多くいる。あきらめて仕方なく帰ってきた。

2016年7月17日(日)
一枚の絵

日曜美術館をよくみるが今回は版画家の吉田博の作品が紹介されていた。工夫を重ねた名画は広く世界で愛された。今日初めて知った画家だった。

2016年7月16日(土)
そうめんをおかずに

食欲の落ちる夏の時期はそうめんが美味しい。そうめんをおかずにして夕食をとった。涼しげでいい食事だと思う。ワインとも合うようだ。

2016年7月15日(金)
盛者必衰

盛者必衰という言葉がある。勢い盛んなものは必ず衰えるという教えなり。これは世の習いといえよう。この言葉を裏返せば今は力がなくても必ず力を得ることがあるということだ。ふたつはぐるぐる回っている。

2016年7月14日(木)
雨が降り 涼しくなり

蒸し暑くてアップアップしていたら、大雨が降り後は涼しくなって助かっている。町中が大きく打ち水したようだ。

2016年7月13日(水)
本「旅する巨人」

以前、天神橋筋商店街の古本屋さんで買った『宮本常一・渋沢敬三 旅する巨人』を少しづつ読んでいるが内容に感銘を受けている。400ページほどの大作本だが残ページが少なくなると読了するのが惜しくなる感じだ。こういう人たちがかつては存在していたことがわかってうれしくなる。

2016年7月12日(火)
旧交を温める

就職して以来付き合ってきた友人たちと会って食事会をした。50年来の付き合いなので気が置けない連中なり。雰囲気も良く会話もスムースに進む。

2016年7月11日(月)
散歩の途中に

暑いなか散歩していると近くの高校のクラブ活動で何人か走り込みをしている。見ていると頑張れ!と声をかけたくなるほどしんどそうだ。自分の高校生時代のクラブ活動では走り込みはきついのであまりしなかったことを反省している。辛いこと、苦手なことを避けていては何事もなしとげられないといえる。

2016年7月10日(日)
宮本順三記念館

記念館で講演とまちづくりイベントが行われた。参加者からのねっしんな意見が出され、街づくりへの意欲が示された。

2016年7月9日(土)
活気のある場所

所要があり四ツ橋まで行く途中、心斎橋を通った。外国人観光客が多く集まり、明るくて活気ある場所になった。土地の値上がり率も大阪で一番らしい。

2016年7月8日(金)
朝食抜きで

かかりつけの医院での定期検査があるため、朝食抜きで行った。診察を終え喫茶店でモーニングサービスを注文しお腹を満たす。たった一食と言えでもお腹にこたえた。

2016年7月7日(木)
昼寝が楽しい

夜は寝つきがよくないので、最近は昼食後にうとうとと昼寝をする時がある。昼寝から目覚めると気持ちがいい。頭がすっきりとする。目覚めたら少し体をめてから散歩に出かける。まだまだ暑い時間だが近くの高校の周りを高校生がクラブ活動で走っている。熱中症にかからないよう注意がいるだろう。

2016年7月6日(水)
まちにサイレンが

7月に入り暑さがうなぎのぼり。熱中症にならないため水分補給が欠かせない。家におってもすいぶんをとることにきをつけたい。散歩すると救急車のサイレンが気になる。

2016年7月5日(火)
枝豆の恵み

手作りの枝豆をいただいた。豆はしっかりして美味しい枝豆だ。夕食の食膳に上げて家族でいただいた

2016年7月4日(月)
古文書の世界

古文書世界のほんの入り口に入ったが、その奥行きの深さは言うにおよばない。今学んで文書は江戸末期で内容は暗越奈良街道に関するもの。文書では当時の生活が浮かんできていいものなり。

2016年7月3日(日)
独自気象庁

暑いなか散歩すると、空に入道雲がニュキニュキと出ている。今年の梅雨もこれで明けたのかと独自予報をした。これはたぶん当たっている。こう思うと楽しくなった。
 梅雨明け二町をよたよた歩くかな

2016年7月2日(土)
うだる季節

真夏の季節になり、日中うだるような暑さになった。炎熱の中外出して冷房の効いたレストランで冷えたビールを飲んでいると天国だ。そこから外に出るとまた現実に戻るが若干の酔いが気持ちいい。

2016年7月1日(金)
語り合えば楽し

恒例のモーニングサービスを楽しむ会を持った。いまは一人が休眠中でたった2人のメンバーだがコーヒーを前にすると話も楽しい。昔の高校時代のサークル活動のことなど次から次を浮かんでくる。

2016年6月30日(木)
踏みとどまるとき

前へ前へ進むよりも、その場に踏みとどまるときが多くある。体の維持のためにも踏みとどまることが大事になる。

2016年6月29日(水)
梅雨らしい梅雨

梅雨らしい梅雨というのは、いささか変わった表現か知らないが毎日のように雨が降る。弁当を忘れても傘を忘れるな、という言い回しが思い出される。雨の日は雨をたのしみ、雨喜びといった昔が懐かしい。

2016年6月28日(火)
後悔する離脱派?

英国はEUから離脱するという人が、経済的打撃が大きいので今となって後悔する人が結構多いらしい。決める前に慎重にならないことはわかっているだろうが、感情が入ったのだろう。

2016年6月27日(月)
体が悲鳴を

最近は体のあちこちから、疲れたと悲鳴を上げているようだ。今日も耳鼻咽喉科のクリニックに行って治療してもらった。ちょっと休憩して生活していこう。

2016年6月26日(日)
まちの研究

世の中には研究家が多くおられる。その道、何年かけても限界がないように毎日研究されている。そのために必要資料を集めたり、資料から成果を出していくのが貴重であり、しんどいことになる。たゆまない研究から新しい発見が生まれる。

2016年6月25日(土)
城東サロン

河内の郷土文化サークルセンターでの恒例事業の一つで今日、城東サロンがあった。今回のテーマは浜田昭子さんによる「日下村庄屋の役割」だった。庄屋日記の解読によるお話なので大変興味が惹かれた内容で参考になった。日ごろの地道な研究のおかげで我々も心が豊かになった。

2016年6月24日(金)
英国の選択

EUを離脱をするかどうか英国の国民投票が行われた。結果は離脱すると決まったが、さっそく通貨ポンドの下落と株価の低落がお土産として出ており、世界は驚いている。どのような結果になろうとも自分らが決めたことだから、仕方がないだろうが世界はその影響に悩むだろう。

2016年6月23日(木)
喫茶店で勉強会

駅前の喫茶店でハングルの勉強会をしている。今日もその勉強会があった。メンバーは4人だが熱心な方たちだ。続ければ何かが稔るかもしれないが稔らないかも知れない。

2016年6月22日(水)
近くの喫茶店

近くには見晴らしのいい喫茶店がある。店内から外を見ると街路樹が美しい。ここはそれに店内の空間がゆったりしている。最近行くと顔なじみの店長の顔が見当たらない。店員に尋ねると京都に異動になったとのこと。寂しいことだと思った。

2016年6月21日(火)
小阪地区が過疎化する

小阪駅周辺は活気ある街だと思っていたが、急に過疎化している気配がしてきた。東大阪市は50万都市なのでそんなことはないと思っていたが商店街やスーパーでも活気が薄い。やはり寂しい気がするが政治は思い切った手を打とうとしない。

2016年6月20日(月)
戦前に似てきたぞう

戦前の日本はアメリカと戦争すれば敗けると思う人が多かったのに、戦争に突入していった。結局は国民も後押ししたのだ。今はどうか。国の借金は大きすぎて緊縮財政で借金を返済しなければならないのに、この不都合な事実に目をつむっている。戦前と体質は一緒になっている。

2016年6月19日(日)
困ったパソコン

2年前に買ったパソコンがどうも使いにくい。それでメーカーへ電話で問い合わせすると、答えに一件最低で2000円かかり、まずクレジットカード番号を言ってくださいという。馬鹿くさいのでやめて知人に尋ねると簡単に教えてくれた。これでうまくいっているがメーカーのやり方に強い不満を感じている。

2016年6月18日(土)
歴史に旅する

郷土の歴史を学び、想像力を働かせれば面白い。歴史を旅するように知的な遊びができる。

2016年6月17日(金)
教えを乞う

古文書の解読はとてもむつかしい。しかし昔の姿を求めるには解読は必要だ。今日は先輩に教えを乞うて何かと教えていただいたが付け焼刃に過ぎない。しかし少し足を一歩ふみこむことができただろう。

2016年6月16日(木)
ひょうたん山夢街道まつり実行委員会

夜になって瓢箪山で祭実行委員会があり参加した。来月のシンポジュームがあり、懐かしい風景展も開かれる。多忙な時期になってきた。

2016年6月15日(水)
調べていくと面白い

根気よく歴史のことを調べていくとわかってくることがあるから面白い。あきらめずに行くとつぎからつぎと 成果があると思うから途中でやめられない。

2016年6月14日(火)
大阪府中央図書館

何か文献を探すときは大阪府中央図書館に行く。じたくから20分ほど自転車に乗るといけるので便利でいい。ここを利用できる幸せを感じている。

2016年6月13日(月)
釜揚げうどんの店

八尾の名物の店、釜揚げうどん一忠が来月で店を閉めると聞いて慌てて今日行った。釜揚げ一筋で40年ぐらいは営業してきた。夫婦が力を合わせて地域の人々に愛されてきた。美味しい手打ちの味が来月一杯と聞いて胸が一杯になった。

2016年6月12日(日)
八戸ノ里駅前

八戸ノ里駅前のスーパーが消えて長くなる。駅前に買い物するスーパーがないと不便で仕方がない。こんな一等地が何もないとは付近の住民にとって迷惑といえるが、やっと建物が建つらしい。完成は再来年というから気を長くして待つしかない。

2016年6月11日(土)
黒門市場の変わり方

所要があって黒門市場に行ったが、以前のとは変わって、何か違うところに来た気がした。客の大半はアジアからの観光人になっている。各店の姿も変わってしまい外国に来た感じがする。これも諸行無常のひとつの現象かな。

2016年6月10日(金)
小阪付近を歩けば楽しい

今日は枚方市から来られた知人を地元の小阪付近を案内した。昔の子供のころは住まれていたとのことであったが、久方ぶりの小阪を懐かしんでおられた。土地の歴史を知ることでさらに興味が増すことだろう。

2016年6月9日(木)
いたるところに・・・・

考えてみるといたるところに宝あり。ただし考えてみるとという言葉が付く。じーつと観察すれば魅力的な人間がいる。すばらしいばしょもいたるところにあるとかんがえれば楽しい。

2016年6月8日(水)
梅雨入り

重苦しい曇りの日だった。梅雨入りしたのでこのような天気が続くのだろう。夜になって生野区民センターへ行き町づくりの会議に参加した。

2016年6月7日(火)
講座を終えて

一年ほど前に依頼された講座をなんとかおえてほっとしている。一年かけて取材したので何とか終えてよかった。

2016年6月6日(月)
甲冑二体の飾りつけ

やまなみプラザのロビーに飾る甲冑2体を点検してロビーに置いた。真田幸村と藤堂高虎の甲冑をメンバーと力を合わせて飾り付けしたら結構めばえする出来上がりだ。この二人の武将は大坂の陣の時に東高野街道を往来している。

2016年6月5日(日)
人は風に吹かれて生きる・・・

人は自分はしっかりと生きていると思ってもしょせん風に吹かれて生きているところがある。だから頼りない存在だと思う。このように書いていても決して悟っているわけではない。

2016年6月4日(土)
川中屋敷林に向かう

中甚兵衛のゆかりの屋敷に向かい、タケノコの収穫のお裾分けにあずかった。正確に言えば来訪者は多人数だったので味覚を味わうとこまで行かず佃煮を土産に買って帰った。それは竹の皮に包まれ美味しいそうだ。

2016年6月3日(金)
風邪気が抜けきらない

以前にひいた風邪がなかなか抜けきらない。気分がすっきりしないし体も本調子でない。ゆっくりゆっくりと過ごしていきたい。

2016年6月2日(木)
生野区横野

生野区巽町は古代は横野と呼ばれていた。今日はそこに用事があり歴史の勉強会に出席した。旧知の人たちと意見交換をした。

2016年6月1日(水)
近くの公園

近所に比較的大きな公園がある。ここにはいわゆる"公園族”と呼ぶ一団がいる。知らない者同士が公園に来ることでいつの間にか集まりビールを飲みながら談笑している感じだ。散歩の途中でその前を通るだけなので詳しくは知らないし、その一団に加わる気もない。今日もその前を過ぎ去り強い日差しを避けて木陰に入って一陣の初夏の風を顔に受ける。

2016年5月31日(火)
木葉が沈み 小石が浮く

政治家の大物が不正をしても病気として国会出席を拒み言い逃れしている。これでは都知事も不正を認めないだろう。日本列島がこのようだと全体がおかしくならないだろうか。この頃は新聞を開いたりニュースを見るのが嫌になるほどだ。

2016年5月30日(月)
まやかしの政治

間違った政治をしても言葉でごまかし、責任を逃れようとする。経済政策がそうだし、さらに嘘で固めようとして間違いを犯す。しっかりと目を開いてごまかされてはならない。

2016年5月29日(日)
寂しくなった運動会

近所の小学校の横を歩いていると今日は運動会だ。小学生数は減少の一途で寂しい限りだ。高齢化少数化の児童数の変化が表れている。これが地域社会の一面だし全国的な傾向だ。

2016年5月28日(土)
あしたづ第19号編集会議

あしたづ第19号の第一回編集会議が開かれた。今年は原稿締め切りが9月30日ときめられた。編集会議は順調に進められ定刻に会議を終えた。

2016年5月27日(金)
サミット会議と広島

G7サミット会議が日本の志摩で開かれたが、中身はさほどのものが成果と上げられない。経済問題の解決もはっきりしたまとまったことはできようがない。問題の把握状態がEU指導者のとドイツのメルケル首相は現状と異なっている。健全財政のドイツだからそうだろう。
オバマ大統領が広島を初訪問した。あれこれと言われているが亡くなった母親の実家が広島にあったので原爆により大きな被害を受けており、コメントする気もしないほど被害が凄惨なものだった。

2016年5月25日(水)
散歩の途中で

散歩しながら明日から開かれるG7会議の成果はと考えていた。おおきなポイントは経済についてであろうが、すでに英国とドイツは金融緩和とかの手あかのついた政策には反対している。40年前に失敗した政策に未来がない。今では世界でドイツが健全財政で成功して、日米は反対の政策をとり苦しんでいる。間違った方策を世界に広げてはならない。

2016年5月24日(火)
久振りの喫茶店

風邪につかまり外出を控えていたので今日は久しぶりの喫茶店に入った。常連客が元気な顔を見せて会話をしていた。これが日常の姿だがいったん健康状態がおかしくなると状況は一変する。

2016年5月23日(月)
今の時代は面白い

自分のことばかりを考えて言えば。テレビでは多チャンネル化で外国放送も昔では考えがれないほど自由にみられる。自分のことを中心に考えるとそうだがの日本の自由度は世界で72位の低い位置にあり、韓国よりはるかに低い。

2016年5月22日(日)
病める友

大きな手術を無事に終えた友から手紙が届いた。手術の経過も良く医師により命がよみがせられたとの意味が書かれていた。大きな運命がかかっていたのだろう。

2016年5月21日(土)
最近にないタイプの風か

これまでだったら風邪をひいてもさほど体力が落ちなかったが今回はこたえている。風邪のタイプが違うのか体力の低下のためかはわからぬが今回はかなりこたえていて弱っている。一歩一歩づつ進めばいい。

2016年5月20日(金)
風邪に注意

以前にかかった風邪が治ったと思っていたが又ぶり返して
困っている。夜はよく眠れないしのどが痛い。ひたすら休養に努めている。

2016年5月18日(水)
花粉症か

目がかゆいし鼻がムズムスして、おまけに歯が痛む。歯が痛むのは花粉症とは関係ないとしても花粉症の症状が出ている。てんきがどうしょもなくコントロールできないように自分の体も制御不能なり

2016年5月17日(火)
真田丸を探る

真田幸村が奮闘した真田丸とはどこに、どのようにあったのか発掘や資料に基づく説明会があったので参加した。研究家が説明したので聴いていて大変勉強になった。

2016年5月16日(月)
ホッコリと歩きホッコリと語り合う

住み慣れた街をホッコリホッコリと歩き、ホッコリと人と出会いホッコリと語り合う。毎日のようにホッコリな人生を送る。今日もそのような一日なり。

2016年5月15日(日)
日記について

大分以前に人からなぜ日記を書くのかと聞かれたことがある。毎日のように書いて公表する理由が問われてもさしたる理由がないかもしれない。強いて答えればただ書きたいから書くとしか言えないかもしれない。これはまるで生きている証明の一種かもしれない。

2016年5月14日(土)
泥付きらっきょ

散歩途中の店先に泥付きらっきょが売られていた。このような季節になったのかと買って帰った。さっそくきれいに皮をむいて家でつけていきたい。美味しいらっきょになるまでしっかりと待ちたいもんだ。

2016年5月13日(金)
町の名物を見つける

町には昔からの名物がある。それはよそではないものだ。小阪には昔からのチラシ寿司をつくる寿司屋さんがあり、美味しくて珍しい饅頭をつくるお菓子屋さんがある。美味しい豆腐や揚げをつくる店もある。いつまでも手作りの味を残してほしいものだ。

2016年5月12日(木)
早すぎた発明

日本人が発明したものには早すぎて世の中に出れなかったものが多い。世界中で使用されているカメラの自撮り棒がある。30数年前に奈良の人が発明したが会社は取り上げなかった。ほかには飛行機は愛媛の二宮忠八が設計図を書き、完成するまでいったのに当時の軍が取り上げなかった。残念なことである。他にもたくさんこのような例がある。

2016年5月11日(水)
職場のОB会

毎年のように職場のOB会には出席している。懐かしいお顔にお会いできるだけでもありがたい。また出席できる自分に喜んでいる。

2016年5月10日(火)
ひょうたん山夢街道

先日8日のパレードが動画で登場した。手製の甲冑隊と踊り隊がビデオに収録されて威風堂々と行進している。
自分のHPのリンク夢街道から見れるので多くの人に見てもらいたいと思う。

2016年5月9日(月)
宴のあと

今日は朝から雨が降っていたが所要があり、昨日の市民ふれあい祭りの道筋を歩いて布施方面へ出かけた。昨日は大勢の人でにぎわっていたところが雨が降り込む中、寂しい限りの風景になっていた。沿道の店内にも人影が見当たらないほどだ。宴の後の寂しさだがこれが本来の姿だろう。

2016年5月8日(日)
第39回東大阪市民ふれあい祭り

ふれあい祭りのパレードに「ひょうたん山夢街道祭り」が参加した。コース約2キロを甲冑をつけて歩いた。天候も良く沿道の多くの人から拍手をもらった。疲れたけれども気分は高揚していた。

2016年5月7日(土)
お世話になっている人たち

お世話になっている人が多くいる。きょうもその内の一人にお会いした。一杯のコーヒーを前にしてお話を伺った。有り難い一時間だった。

2016年5月6日(金)
一身二生という言葉

最近、一身二生という言葉を知った。一人の人間が二つの人生を経験するということになろうが、二つの仕事の経験するということか。可能性を信じて新しいことに挑戦していくことだろう。

2016年5月5日(木)
若葉にきらめく

若葉に太陽がきらめく。風が気持ちよく体をふれていく.。いつもの散歩道を歩いていて帰途にふと思ついたようにl初めての路地を入ってみた。新しい発見したような風景が現れた。しかもこの道のほうが家に帰るのには近道になる。いつものやり方を変えてみると新しい発見がある。

2016年5月4日(水)
続いて街道フエア

今日も近鉄百貨店に行き街道フエア会場で講演を聴いた。コツコツと歩いて調べて執筆した本は後世まで残るだろう。今日の講師はこのようにして書き上げた著者だ。大いに参考になりよかった。

2016年5月3日(火)
関西出版ルネサンス

大阪の街道を取り上げた関西出版ルネサンス主催による「街道と街角」という催しが近鉄百貨店上本町店において開催された。街道に関心があるので参加してみた。拙本も会場においていただきうれしいものである。能勢街道、京街道を記された著者の方の講座もあり聴講して勉強になった。

2016年5月2日(月)
異常な暑さ

寒い日が続くと思っていたら今日の暑さだ。なおしていた扇風機を出して回した。異常な天候が続くので気持ちが悪い。

2016年5月1日(日)
韓国銀行

韓国の中央銀行に当たる韓国銀行は日本なら日本銀行になる。韓国経済の状態は思わしくなく政府が国債を発行して金融緩和を図ろうとしているが韓国銀行はうんといわない。経済の将来を心配しているのだ。日本では政府の提灯持ちのごとく日銀がホイホイと走っている感じを持っていて対照的だなと思う。

2016年4月30日(土)
勇気をくれる人々

生きていくには勇気がいる時が多い。時にはくじきそうになるが世の中には勇気をくれる人たちが多くいる。自分は人に勇気を与えることができないが、しばしば人には助けられていることが多い。

2016年4月29日(金)
今年の阪神タイガース

日ごろはプロ野球に関心が薄く見ないが、今年の阪神タイガースに金本監督が付き超変革のやり方に面白みが出て、試合をしばしばじみることがある。期待通りに展開していけるのか興味が湧く。

2016年4月28日(木)
東大阪市の歳時記

必要があって東大阪市の歳時記をまとめているが、市内の歴史ある神社や風習に趣あるものが多く残っている。これらを写真など撮り記録にしたいと思っている。

2016年4月27日(水)
コツコツと忍耐で

広島の新井選手が2000本安打を達成した。日ごろはあまり野球は見ないが大きな記録は目にする。ぶきょうなせいかくだがまじめに努力する新井選手には心が惹かれる。何事もコツコツと忍耐強く続ければ達成できることが多い。

2016年4月26日(火)
ある風景

用事があり八尾まで出かけた。天気も良く機嫌よく自転車のペダルをこいた。用事もスムースに済ませて駅前の喫茶店に入りくつろいていたら周りの席は中高年の女性に囲まれたょうな状況になる。その中,耳に入ってくる会話は多数が人の悪口のようだ。人の批判で時間を送っているのが大半なのだろう。いやな風景の中にいた。

2016年4月25日(月)
糠漬けを好む

お米屋でぬかを分けてもらったら、安くて質のいいぬかだった。およそ半年前のことだったが今でも家でぬか漬けをして,
おいしい漬物をいただいている。有り難いことだと感謝しながら食事時に食卓に上る。

2016年4月24日(日)
晩酌を楽しむ

酒は若い時には苦手だったが、いつの間にかそれを楽しむようになっている。時には度を過ごして飲み,
時には飲まない時もある。今日は飲みすぎた反省をしているが日々のアクセントとしてこれを好んでいる。

2016年4月22日(金)
世界的歌手の死

アメリカ人の世界的歌手のプリンスが急死したと報じている。テレビでは見たことのある顔だがあまり知らない。享年が58歳では若すぎる死だ。人とかすべてははかない存在なので無常の世の中にいる。

2016年4月21日(木)
穀雨の時期

この時期に降る雨は昔から穀雨と呼ぶらしい。穀物を育てるのにいい雨から来ている。今日は丸一日降ったが農業のために好いのだからめぐみの雨となる。

2016年4月20日(水)
垣根の手入れ

この季節には若葉がどんどん伸びるエネルギーがある。我が家の垣根も若葉で風通しが悪くなってきたので植木バサミで刈ってみた。すっきりした形でなったので気持ちがよくなった。

2016年4月19日(火)
危い政策

地震地帯に近い原子力発電所稼働にひやひやの思いの人は多いだろう。日本列島で生きて経済活動していくには一定の覚悟がいる。アベノミクスという経済政策は失敗だと見る人が多いことがアンケート調査の結果に出ている。強気な政権運営より低姿勢で国民の意見に耳を傾ける時期に入っている。

2016年4月18日(月)
家族のありがたさ

熊本地方では大地震で大変なことになっている。このようななか家族の結びつきはありがたいし、地域の絆も心強い。自分の周りを見ても家族とか近所とかが頼りになっている。いまいちどその大切さを認識している。

2016年4月17日(日)
爽やかな日

地震の悪夢から離れるような晴れ渡る爽やかな天気になった。このようななか散歩しても気持ちがいい。喫茶店に行くと常連客の一人がおりいつものように会話をする。この人は人生の達人のような人物なので話をしていても楽しい。きっさてんをでるころには心身ともかるくなったような気分であった。

2016年4月16日(土)
日本は地震列島

日本は地震列島かと思われるほど活断層が走っている。大阪にも地震が及んだ。夜中にパソコンを見ていると画面が揺れだしたので驚いた。どこでも地震が発生してもおかしくないので施設などの総点検が必要だろう。

2016年4月15日(金)
熊本地震の発生

昨夜のテレビで熊本大地震が報道された。中継だったので現地の人たちの恐怖がひしひしと伝わってきた。わが身に起こったらと思うと恐ろしいものだ。

2016年4月14日(木)
回転すしの進化

ぐるぐる回る寿司の元祖は東大阪発祥の元禄寿司だが、また新しい寿司が登場した。回転しなくてまっすぐに寿司がコンベアに運ばれてくる。時間は短縮しているし値段も安くておいしい。今日はそこでお腹一杯食べてきた。

2016年4月13日(水)
友達を見舞う

人は老いると体が弱る。今日は友達を見舞うため他の友人とともに奈良県まで行った。手術がうまくいったので元気にしていたので少し安堵した。いつものように軽口をたたき笑いあって会話が進む。友人のさらなる復帰を願って病院を後にした。

2016年4月12日(火)
若江の遺族会

若江遺族会総会に出席し議事を諮る。例年よりは出席者数も多かったので安心感が生じた。夕方は住道駅まで行って高校時代の友人たちと会う。大東は市長選や市議会議員の選挙教中なり。

2016年4月11日(月)
ひょうたん山夢街道祭りの準備

ひょうたん山夢街道まつり実行委員会が今取り組んでいるふれあい祭りへの参加がある。今日は参加のための甲冑の点検し補修した。これで12体ほどは準備できた。

2016年4月10日(日)
アイホーンに音楽を入れる

昔の音楽を聴きたくなってレンタルCDを携帯電話のアイホーンに入れた。いつもスムースに進む作業がうまくいかなくて困り、電話でアップル社に尋ねてみた。何とか格闘の末にやっと携帯に入った。この曲を聴きながら散歩した。満足感が耳から全身に回った。

2016年4月9日(土)
恩智へ行く

用事があり近鉄大阪線の恩智駅前までかけた。電車より自転車のほうが便利な場所なので桜花の咲く玉串川沿いを走り東の山に向かって進む。緑一杯の山と桜花に囲まれるようなコースで気持ちがいい。

2016年4月8日(金)
まち歩きに参加

もと職場OBのまち歩きに初めて参加した。長い間お会いしていない懐かしい方にも会って言葉を交わしてよかった。お元気な方や足腰に不安を持つ方など様々なり。お会いしてよかったのには変わりない。

2016年4月7日(木)
ウっとしい天気

朝からうっとうし雨が続いている。定期検査を受けるため医院に行ったが体の維持には欠かせないので雨を嫌がっていられない。
 春嵐 めげてlはならぬ 体には

2016年4月6日(水)
縮小する書店

いつもお世話になっている小阪駅前の老舗の書店が一店舗を縮小する。今月末から縮小との貼り紙をみてさびしいおもいがした。小阪駅前では外国人観光客が訪れるホテルの活況が目立っている。

2016年4月5日(火)
重願寺の桜

桜の花も満開状態なので額田の重願寺の桜花の写真を撮りに行った。しなだれ桜も入った桜花が満開状態で見事だった。多宝塔も入ったいい写真をとれたと満足した。ここでは知人2人ほど出会ったので花見が盛んな時だ。

2016年4月4日(月)
多様性の中の生活

行きつけの喫茶店に行くと常連客の中に多様な人がいる。その中に在日朝鮮の人もおるのでたまに韓国語で話をすることもある。楽しいひと時なり。同様に近所も様々な人が生活しており、ダイバーシティと呼ばれる。

2016年4月3日(日)
ニューヨークからの便り

知人がニューヨークを訪れて写真が送られてきた。フエイスブックを使ってすると便利に伝わってくる。大いにネットを使うと地球は狭くなっている。

2016年4月2日(土)
ZUNZOとZEALのイベント

宮本順三の生誕100年を記念してイベントが記念館で行われた。関係者が一堂に集まっておられた。100年の記念誌をいただいた。その後ZEAL写真展が市民美術センターにおいて催されたので友人の作品も展示されており他の友人とともに参加し久しぶりの歓談を行った。

2016年4月1日(金)
本当のことを言わない書かない社会

本当に大事なことは言わない書かないことが多いようだ。誰かに遠慮してのことかもしれないがマスコミや専門家もそうだが問題の解決を遅らせている。経済問題もそうだし原子力の安全問題もしかりなり。

2016年3月31日(木)
人との交わり

知人から人事異動で職場が変わったとのメールをもらった。春は人事異動の季節であり、そこに悲喜こもごもな思いが生まれることだろう。人生は長いので何事も淡々と行くしかない。

2016年3月30日(水)
東大阪市の観光振興

観光振興について東大阪市の主催でシンポジュームが開かれた。大勢の聴取者で会場いっぱいになっていた。これから観光の振興に真面目に取り組んでもらいたいものだ。

2016年3月29日(火)
野球が面白くなる

阪神の監督が変わり巨人の監督変わり他の球団も新監督が付いた。野球音痴の自分も野球に関心を持っている。阪神をはじめとしてどう変わっていくのだろうか。

2016年3月28日(月)
いつものように

いつものように小阪駅前に向かって散歩に出かけた。いつものように駅前の喫茶店に入りコーヒーを飲み、いつものようにママや常連客と話をして店を出る。今日は少し違うのは近くの居酒屋に寄り焼酎を軽くひっかけて家路についた。途中で心地よい酔いが廻って気持ち的に快適なり。

2016年3月27日(日)
サークル助成報告会

東大阪市が助成しているまちづくりなどのサークル助成報告会に参加してみた。2,30のサークルが報告したが多彩な活動していることがわかった。この助成制度の確立に貢献した一人の市職員の存在がある。今は亡き人になっているが身命をかけてこの仕事にまい進した。

2016年3月26日(土)
梅田に新たなランドマーク

ダインキンの看板娘が梅田に新たなランドマークを立ち上げた。友人の娘さんがけなげにも梅田にリーダーとして新たなランドマークを立ち上げることに挑戦して成功している。若い世代の時代なので大いに挑戦していってほしい。

2016年3月25日(金)
国会のテレビ中継

テレビをつけると国会中継をしていた。質問する議員によって政府の対応が違うし質問の効果が変わってくる。質問するほうも事前調査をよくして賢明にしなければならぬ。先日の保育所待機児童の問題は首相はネット時代のブログを軽く扱い手痛い目に遭っている。今の時代はネット社会を無視できないことを教えている。

2016年3月24日(木)
一銭屋さん

瓢箪山に一銭屋という鉄板焼き屋さんがある。この屋号のいわれは一銭という小さなお金を大切にしていることらしい。今では一銭という貨幣単位はないが精神は伝わってくる。

2016年3月23日(水)
繁昌亭へ行く

ひょうたん山夢街道の菊池師匠が繁昌亭へ通い、落語を習っている。今日はその修了式で発表会があった。20人ほどの修了者の芸の披露があり楽しい催しとなった。天満宮にお参りし、日本一長い長い天神筋商店街をぶらぶらして楽しみながら帰った。

2016年3月22日(火)
人との会話

人に出会い会話をすることにより力をもらっている。そこには楽しさがあるのだろう。今日も行きつけの喫茶店に寄りカウンター前に座るとそこには常連客が集まっている。他愛のない話が肩をほぐしてくれるし笑いをおこしてくれる。いつの間にか店のママが会話に入っている。

2016年3月21日(月)
まち歩きの下見に行く

来月に石切方面のまち歩きの案内をする予定なので、今日は一人で石切方面を歩き写真を撮った。
昨日は四日市から私の俳句を本に乗せてみたいとの連絡が入った。

2016年3月20日(日)
天王寺で会う

学生時代の友人たち、数人と天王寺で落ち合った。彼岸の日のせいかすごい人が繰りだしていた。この地域はハルカスが建てられ活性化は成功したのだろうか。

2016年3月19日(土)
市井の人

市井と書いて”しせい”と読むが今はこの言葉はあまり使われないようだ。むかしは井戸を中心にして市がたったので町とか普通をさすらしい。ごく普通の人にすごい人がいると昔から言われている。そういわれる人に出会うと幸せを感じるが今日もそう言う人物に会った。

2016年3月18日(金)
知らない路地に入る

いつもの散歩道の途中に知らない路地があったので入ってみた。ちいさくてとても短いところだったがはいってみると行き辺りに堀抜き井戸らしきものがある。5、6軒ほどの長屋が共同していたらしいが今は使われていない。昭和の風景が残っている。ここの路地に入って小さな小さな旅をした気がした。

2016年3月17日(木)
一転暖かい日に

寒い寒いといっていたら今日は一転して暖かい日となった。散歩に出かけると気持ちがよくて一足早い春を楽しんだ。

2016年3月16日(水)
春の食べ物

春になれば八尾の若ごぼうが美味しい。夕食のおかずに上ったので早速に味わったらサクサクとして美味しい。しゅんのものがこれからタケノコとかいろいろあるので楽しみだ。

2016年3月15日(火)
囲碁界の衝撃

人工知能による囲碁界への衝撃が韓国で起こっている。人工知能のアルフアゴが囲碁の名人を負かすようになった。その後は名人も頑張ったが人工知能が強力な相手となっている。将来は世界中で人工知能が活躍することは間違いない。

2016年3月14日(月)
魅力的な韓国テレビ

Jコムで韓国ドラマが見れる。その中、韓国の捜査ドラマが放映されていたので見るとなかなか魅力的な俳優が主演していた。調べてみるとソン・イルグクという俳優だ。目が新鮮で生きている。韓国ドラマにはまる人が多いというがその気持ちがよくわかる。

2016年3月13日(日)
文楽人形展が終わる

東大阪市庁舎22階で開催していた雅舎の文楽人形展が今日で終了した。この展示会は22会が主催したが関係者による協力で無事に終えることができた。この後鶴橋まで行って知人と会った。

2016年3月12日(土)
文楽講演会

文楽人形の展示会のイベント、文楽講演会を市庁舎22階ラウンジ22で開催したところ定員いっぱいの人が参加していただいた。義幼声会の武井氏や人形師菱田氏の講演、乙女文楽の公演があり有意義な催しとなった。

2016年3月11日(金)
東北大震災から5年

あの大震災から5年たった。あまりの犠牲者の多さや被害の大きさに言葉がないのは今も続いている。今日の発生時に会議中だったが黙禱をした。

2016年3月10日(木)
保育所落ちた 日本死ね!

子供を入園させようとしたが落ちた母親が書いたブログの文句が日本列島を駆け巡った。保育所の待機児が多いのが問題になって久しい。問題解決に時間がかかりすぎているのではないか。

2016年3月9日(水)
行ったり戻ったり

冬から春には一直線には進まない。暖かい日が続くと思うと今日の寒さだ。世の中の万事はこのような動きをとるようだ。

2016年3月8日(火)
文楽人形展は

東大阪市庁舎展望台で開催中の文楽人形展の見守りに参加した。新聞などで報道されて多くの人が訪れてくれて活気があった。京都や大阪市内から遠方からも来ていただいた。休憩にラウンジ21でコーヒーを飲んでゆっくりとして眺望を楽しんだ。

2016年3月7日(月)
啓蟄

冬の寒さも終わり地中から虫が地上にはい出る啓蟄となった。散歩するのにできるだけ着るものを減らして出かけた。こんなに急に暖かくなると地中の虫も地上に出てくる。日経新聞の「私の履歴書」に布施高校出身の大山健太郎氏(アイリス大山)が連載している。

2016年3月6日(日)
浄瑠璃展へ

東大阪市庁舎22階で開催中の人形浄瑠璃展の受付に行く。親子連れなどが訪れてくれていた。夜になって引き上げた。

2016年3月5日(土)
日々好日の一日

今日も多くの人に会った一日だった。一期一会といい、人形師の菱田師匠、市長、22会の面々そして息子に会い、良き日かな。

2016年3月4日(金)
人形浄瑠璃展の開催

明日5日から東大阪市庁舎22階で人形浄瑠璃展と公演会準備で市庁舎に出かけた。関係者のご協力で好い催しが開けそうだ。

2016年3月3日(木)
「あしたづ」第18号

河内の郷土誌「あしたづ」第18号が河内の郷土文化サークルセンターから発行された。栗林書房、ヤシマ書店、大西書店の店頭に並んでいる。おおくのひとにご講読いただくとありがたい。

2016年3月2日(水)
久しぶりの難波

久しぶりに友人たちと難波で会った。話題が多くて楽しい時間が過ぎた。元気に会えて美味しい料理をいただきよかった。

2016年3月1日(火)
人とのつながり

生活の中で人は人とつながっていく。ご縁というのかつながりによって良くなることもあるが悪くなる時もあろう。そのつながりは人の持つ心により変わるだろう。

2016年2月29日(月)
まちに根付いている浄瑠璃

昔から地域に浄瑠璃や歌舞伎など古典芸能が根付いていた。村にはこのような文化があり今も引き継かれている。東大阪市素義幼声会の方からお話を伺い勉強になった。

2016年2月28日(日)
小阪のまちが好きな人

住みついている町、小阪というところが好きだ。私もそうだがこのようにいう人が結構多い。住めば都ではないが、足元を見つめて暮らせれば色んな発見があるだろう。

2016年2月26日(金)
春寒し

春寒し午前中は中々体が動き難し 午後になっても気温は上がらず しかし戸外に出ると日差しが春めいて明るい 冬ではみられない微妙な季節の変化がうれしい。

2016年2月25日(木)
近所の小学校

散歩して近所の小学校校庭をみると児童数が減少していることがはっきりわかる。昔なら一クラスほどの児童数が今は一学年に相当するほど少人数になっている。これがいわゆる少子化だろう。

2016年2月24日(水)
関東煮派かおでん派か

関西で育った人は関東煮といってきたが最近はメディアの関係かおでんという。子供のころは母親に大鍋で野菜を入れてごった煮のごとく作ってくれた。関東というニュアンスには田舎煮と意味が含まれていたようだが現在はおでん派が幅を利かせている。

2016年2月23日(火)
歴史上の若江堤

郷土の若江について歴史的に調べ、若江の戦いの主要地"若江堤”について本とかHPに調べて書いてきた。いろんな方にお読みいただいて意見等を伺っている。貴重な資料をいただいたり激励も届いており有り難く今後に生かしていきたい。

2016年2月22日(月)
関西人

関西人は関西人のことはあまり考えたことが意外に少ないかも知れない。テレビの番組をみていてやはり関西人が二人おれば漫才のように面白くなる。「鶴瓶の家族に乾杯」という番組をみると鶴瓶と寛平のおかしさが楽しい。

2016年2月21日(日)
ネットの便利さと怖さ

突然危ないメールが届く。銀行を装って個人情報を盗もうとしてくるので要注意しなければならない。実際自分のところに届いたので驚くが注意は怠らないように気を抜けない。

2016年2月20日(土)
水野正好先生を偲ぶ

石切のホテルで水野正好先生の偲ぶ会が開かれた。先生の学問や人柄を慕う人が全国から来られたように会場が人で埋まっていた。。体調がおもわしくなかったので会場を一足早く出た。今日は始終雨が降っていた。

2016年2月19日(金)
高梨沙羅選手

スキージャンプの高梨選手はコツコツと競技に参加している。W杯選手権で総合優勝した。地味な彼女だが実績はすごい記録をなした。日ごろの努力が稔ったのでよかった。

2016年2月18日(木)
突然の死去

いつものように顔を合わせていた人が突然に亡くなった。本当に元気にしていたがこのようになるとはあまりにもはかないことだ。諸行無常でありその死を深く悼む。

2016年2月17日(水)
あられが降る

もうすぐに春だというのに今日散歩に出るとあられがパラパラと服に降ってきた。日差しが明るいのに似合わない天気になった。一年ぶりに友人に会って食事を共にして有益な話を一杯聞かせてもらった。

2016年2月16日(火)
読書の楽しみ

知らない分野のことを読書によって知る楽しみは大きい。この楽しみは他に代えがたいことだ。100年前の韓国を読書によって徐々に学んでいる。世の中のことは圧倒的に知らないことのほうが多い。

2016年2月15日(月)
ウオーキング

今日は一時間ほどは十分歩いた。この寒さでも歩くと背中に汗がにじんで来るから気持ちがいい。このあと日本橋に出て落語を聴いて帰った。

2016年2月14日(日)
旧若江村の歴史

旧若江村の長老にお会いして昔の話を伺った。若江の戦いの討死者山口重信の墓は元々東方にあり木村重成墓と向かい合っていたとのこと。そして木村墓のすぐ横にお灸屋があったとのこと。大いにこれから伺った話をついて調べていきたいと思う。

2016年2月13日(土)
三寒四温のころ

寒い日が続くと思っていたら暖かい日が来る。昔からの三寒四温のころになった。今日は雨が降っていて散歩するのにも思うようにいかない。雨が降ると落ち着くのかよく眠れるように思われる。

2016年2月12日(金)
不倫文化と政治

一議員の不倫問題が国の政治の中、重要視され世間では大問題になっている。今、政治問題、経済問題が大いに起こっているのに一議員の不倫問題に振り回されていて、世界でもこんな国は少ないだろう。それだけに日本という国は平和なんだろうか。

2016年2月11日(木)
円高1ドルー110円

ヨーロッパでは1ドルは110円になっているという。為替操作では通貨を調整できないようだ。経済は学校で習ったように需要と供給の大原則から逃れられないのだろう。j

2016年2月10日(水)
「お茶とコーヒーの世界」

二人のプロフェシナルが語る「お茶とコーヒーの世界」の講演会が今月27日、大阪商業大学ユニバーシティホールで開かれる。この講演に参加することでお茶とコーヒーの"博士"になれるだろう。

2016年2月9日(火)
漫才コンビ ピース

人気漫才コンビのピースは面白い存在だ。二人のうち大体一人しか残れないのがこれまでのようだが、ピースは二人とも独り立ちができるような力を持っている。風采の上がらない又吉がこれまた芥川賞作家となり今や先生と呼ばれて不思議なほどの存在感を周囲に放ち面白い。

2016年2月8日(月)
体力のおとろえ

年々にわたり体力の低下はどうもしょうないほど落ちてくる。どうも仕方ないことにいかにうまく合わせていくことが大事だろう。自然の変化や美しさを楽しみながらいきたいものだ。

2016年2月7日(日)
早春の美しさ

早春の時期は好きだ。真冬でもなく春でもない早春の時期。そんな今日に小雪がぱらついていた。あられのような小雪が散歩の途中で降ってきた。昼中でも真冬と違って陽春のように明るくなっており春の兆しが見えていた。この季節の移ろいが見える時期は素晴らしい。早春に小雪ぱらつく寒さかな

2016年2月6日(土)
枚岡梅林へ行く

2月になり枚岡梅林へ写真を撮りに行った。明治の初めに植えられた枚岡梅林には長い歴史がある。枚岡神社の南西の小高い丘に白梅、紅梅が咲いていた。西方は眺望が開かれていた。その後、石切神社参道に寄り買い物をして帰った。

2016年2月5日(金)
古書店の移動

千日前にあるある古書店にはよく、寄っていたがある日場所を移した。道具筋の二階に進展を構えたので今日、寄ってみたら小さな場所に代わっていたが懐かしい思いで本を眺めた。もっと時間をかけてみたかったが事情があり店を出なければならなくなった。次回は時間に余裕を持ってじっくりと眺めてみたい。

2016年2月4日(木)
住んでいる町

長年住んでいる町には愛着が出てくる。住めば都ということだろう。買い物もできるだけ地元の商店ですればいいのだろう。本屋さん、豆腐屋さんも天ぷら屋さんも頑張っている。地元商店街はやはりシャッターを降ろす店が増えているのがさびしい。

2016年2月3日(水)
恵方巻を楽しむ

今や風物詩となった年越しの恵方巻を購入して家で楽しんだ。今年の恵方は南南東とかいって巻き寿司をガブリと味わった。イワシの塩焼きも身がたっぷりと付き、大根おろしと味わい深いものだった。年越しが終わるといよいよ新年となる。

2016年2月2日(火)
日銀は間違っている

日本銀行はかつては国家と一体の政策をとり、国民に対して紙幣を紙きれにした苦い経験がある。経済の日銀と政治とは一体になってはいけない大前提がある。黒田総裁はまったく政府の提灯持ち役になってしまった。禁じ手を使っては国家の歩みを危なくするだろう。

2016年2月1日(月)
U-23に期待する

リオオリンピックに向けて日本のサッカーチ-ム、U-23は目覚ましい活躍を見せてくれた。監督に言わせると彼らには反骨心があるという。昨日の国際マラソンでの福士加代子の優勝は挑戦者として面目躍如振りに大きな拍手をおくりたい。

2016年1月31日(日)
変わらぬものなし

世の中は諸行無常という言葉が示すように変わらぬものがない。深夜に行われた日韓サッカー試合は日本が逆転勝利した。試合は勝ったり負けたりするものだが深夜だったのでテレビ観戦は途中でやめて寝てしまった。

2016年1月30日(土)
今が新春の候

2月を前にして本当の新春だと感じた。陽の光がわずかに春めいているようだ。旧暦にして新春をさしている時期にあたる。混迷の社会にも本当の陽光がさしてもらいたいものだ。

2016年1月29日(金)
大変な事態に

日銀の黒田総裁が発表したマイナス金利は社会を驚かした。株価はたちまち高騰したが非常手段をとった結果だろう。甘利大臣の辞任にも驚いたが今の政治は異常の方向に向かっている。暴走しなければいいがなと心底願っている。

2016年1月28日(木)
旬の食材は美味しい

寒さが厳しくなれば大根などの糠漬けが美味しいし、ぶり大根もひときわ味が増す。旬が生み出す食材を楽しんでいきたい。

2016年1月27日(水)
過ごしやすいこの頃

二、三日前の寒さに比べると昨日今日は過ごしやすくなっている。厳しい現実に接すると寒さも少し緩むと快適になるほどだ。若い時は買ってでも苦労すればいいという教訓が生きてくる。

2016年1月26日(火)
天皇両陛下の出発

天皇、皇后両陛下がフィリッピンに発たれた。先の戦争で日本軍を中心に日本人は50万にが亡くなり、フィリッピンの人たち100万人が犠牲になったといわれている。これらの慰霊をいつも心に留めておられ決して忘れてはならぬと安倍首相らを前にして話された。とても大事なことを述べておられ現地訪問に努めておられる。

2016年1月25日(月)
ハングルの仲間

散歩のついでに先週のハングル勉強会の資料を一部を届けに行った。彼女は仕事中だったが喜んでくれた。いつまでも仲間として末永く勉強していきたいものだ。

2016年1月24日(日)
八尾の町歩きに参加

朝から八尾の町歩きに参加した。久宝寺町、本町など寒風吹く中だったが興味あるところが多くて寒さも忘れるほどだった。帰途の長瀬ではお好み焼きのてらまえに寄り、お腹を満たして帰った。

2016年1月23日(土)
年賀状の抽選

年賀状の抽選の発表があり我が家に来ていた年賀状を調べると今年は5枚の切手シートが当たっていた。有り難いことだ。郵便局に行き切手をもらって帰った。ささやかであるがこのように本年もいいことがありますよう願っている。

2016年1月22日(金)
パソコンの操作はむつかしい

パソコンの操作は何年もしていても、そのコツはつかみにくいほど難しい。ウエブ日記を書いていても思うように書けない。あきらめたらそれまでなので粘り強く続けていきたい。

2016年1月21日(木)
ハングル勉強年初め

布施駅前の喫茶店でハングルの年初めの勉強会を開く。メンバーはたった4人だが昨年同様頑張っていきたいものだ。