資料館会員へのお誘い




私たちの資料館というのは、世にも珍しいシステムで運営されているのですが、それは一言で言うなら、「志を同じくする人々が、少しずつお金と時間と労力と知恵を出しあって」自主的に運営する仕組みとでもなるのでしょうか。

ともあれ、長崎市などの行政関係、すべての企業関係からはどのような支援も受けていませんし、自分たちですべてをやるしかない、わけです。しかし、 これはそうした行政や企業の顔色を伺う必要がなく、全く自由に、主体性を持って展示や企画などが立てられるということでもあります。

さて、今このペ−ジをご覧になっているあなたにも、ぜひ私たちの「仲間」になっていただきたいのですが、こうしたオンラインでは「ほいほい、それじゃあ私も仲間になりまっせ〜」という人は少ないでしょう。(私も見知らぬ団体にオンラインで加わる気はあまりないです)ですから、ここでは「オンライン会員」も含め、3種類の会員およびボランティアについて説明したいと思います。

どんなものであるかは、下をクリックして下さい。

オンライン会員

西坂購読会員

協議会会員

ボランティア


オンライン会員(無料)

ブログ開設に伴いオンライン会員は終了しました。



西坂購読会員

募集を終了しました。


会員(要・年会費)

 これが本来の「岡まさはる記念長崎平和資料館」の会員です。

以下をお読みになり、「よ〜し、会員になったる!!」と決意された方(^_^;)はどうぞ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

 「岡まさはる記念長崎平和資料館」をお訪ね下さいまして、ありがとうございます。

 この私たちの資料館は、国はもとより、長崎県・長崎市など行政サイドや企業等から、一切の経済的支援を受けず、完全に自立して設立され、また運営 されています。このような「市民が構想し、出資し、作りあげ、運営している」平和資料館というのは、小規模な個人のものを別にすれば、日本ではおそらく唯 一でしょうし、世界的に見ても珍しいと思います。

 当資料館の運営は、会員が中心になってすすめられています。そしてこの会員には、どなたでもなることができます。正直なところを申し上げれば、資 料館を経済的に支えているのは、この会員によるところが大きいのですが、一人でも多くの志を同じくする方の入会を願って止みません。あなたもどうぞ、資料 館を支える会員になって下さいませんか。


会員には、「正会員」と「賛助会員」の2種類が あります。 

正会員
 年に1回開かれる「総会」へ出席し、資料館の運営に関わる決議をするほか、 情報・資料の入手、資料館の各種の活動への参加ができます。会費は、以下の 通りです。

      一般会員 10,000円
      団体会員 30,000円 

             ※以上年会費、分割可


※正会員になると、以下のような特典があります。

 ●運営協議会会報・「西坂だより」が購読できます。ご自分の意見や感想などもこの場で発表できます。
 ●資料館が企画する諸行事(映画会、講演会など)の情報をお知らせします。
 ●資料館所蔵の資料・書籍を一定の範囲で借りることができます。
 ●資料館3階会議室の利用が可能になります。(要・事前連絡)

賛助会員
「総会」へ参加し、意見を述べることができます(議決権はありません)。会費は以下の通りです。

      一般会員  3,000円
      団体会員 10,000円
    で何口でも

             ※以上年会費、分割不可


賛助会員の方も、「西坂だより」は定期的にお送りします。

会員になるには
 電話またはファックスでご連絡いただけましたら、「会則」と「入会申込書」をお送りします。現在、全国にいる約300名の会員でこの資料館を支えています。

 岡まさはる記念長崎平和資料館は、小さな、手作りの資料館です。しかし建物は小さくとも、この資料館は、日本の未来を問い、私たちの生き方そのものを問う、真摯なものでありたい、と私たちは考えています。
 どうぞ、あなたも会員の一人となられて、共に真の平和の実現のために手を携えて行きましょう!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

と、いうことで、もしも「会員になる」という気持ちの方がいらっしゃいましたら、とりあえず資料館か、これを書いている「ともねこ」まで電話でも手紙でもメ−ルでも結構ですから、ご連絡下さい。


ボランティア

資料館は理事長以下、全員がまあボランティアでして、例えばかく言う私なども、こうしてホ−ムペ−ジを作り、西坂だよりを作成し、はたまたたまの日曜日には受付に入る、といった具合で、本業の教員生活の傍らあれこれやっているわけです。

「できることを、できる人が、できる時にすればいい。したからと言って、いばることはないし、できないからと言ってひけめを感じることもない」とよく岡さんは言っていましたが、まあそういうことでしょう、運動の原点というのは。

それで、とりあえず資料館は常時、ボランティアを求めています。具体的には、

●受付ボランティア‥‥長崎近郊の方。定期的に時間の都合がつく方(例えば○曜日の午前ならやってもいい、というように)がベストですが、不定期でもかまいません。現在、約20名ほどでやっています。

●事務局ボランティア‥‥資料館では理事会が事実上の事務局として機能していますが、テープおこし・原稿入力・印刷・封筒詰め・発送などの人手がまったく足りません。これらを手伝ってもいいという方。

というようなことです。とりあえず、「何かやってもいいよ」という方がいらっしゃいましたら、ご連絡して下さい。メ−ルは上記の通りです。


メインページに戻る