創業寛政六年

sorry Japanese only

鶴乃江

更新日2017.7.15(鑑評会情報のお知らせ

蔵元からのお知らせ!

SAKE COMPETIETION2017で4位になりました
6月5日の受賞式で吟醸部門で金賞4位を受賞いたしました
これも、ひとえに皆様方のご支援の賜物です社員一同御礼申し上げます 


全国新酒鑑評会で6年連続金賞受賞
致しました
福島県は22蔵が金賞受賞し全国トップでした
(5年連続日本一に輝きました)


会津中将は鶴乃江酒造の商標登録です。

お客様各位
取り戻そう!元気な会津

         


がんばろう 日本!
お客様からの支援メッセージ
(過去のメッセージはここをクリック下さい)

(平成29年度受賞履歴)
0.SAKE COMPETITION2017 サケ・コンペテイション
  吟醸部門で 大吟醸 山田錦ゆり が金賞4位になりました

1.全国新酒鑑評会・会津中将「金賞」受賞(6年連続です)

2.福島県春季鑑評会2タイトル受賞
・「夢の香の部」⇒会津中将「県知事賞」受賞(金賞のトップです)
           (3年連続です!!!)

・「吟醸の部」⇒会津中将「金賞」受賞

(平成28年度受賞履歴)
0.SAKE COMPETITION2016 サケ・コンペテイション
  純米大吟醸部門で 会津中将特醸酒が3位になりました

1.全国新酒鑑評会・会津中将「金賞」受賞(5年連続です)

2.福島県春季鑑評会3タイトル受賞
全タイトル受賞しました!!
・「夢の香の部」⇒会津中将「県知事賞」受賞(金賞のトップです)
・「純米の部」⇒会津中将「金賞」受賞
「吟醸の部」⇒会津中将「金賞」受賞

3.福島県秋季鑑評会3タイトル受賞全タイトル受賞しました!!
・「純米の部」⇒会津中将「金賞の受賞」
・「吟醸の部」⇒会津中将「金賞」受賞

・「煌酵母の部」⇒ゆり「金賞」受賞
4.東北清酒鑑評会で特別賞と優等賞を受賞しました。
「吟醸の部」⇒大吟醸ゆり山田錦「評価員特別賞」受賞

・「吟醸の部」⇒会津中将大吟醸八反錦「優等賞受賞」
・「純米の部」⇒会津中将特醸酒山田錦「優等賞」受賞


(平成27年度受賞履歴)
0.SAKE COMPETITION 2015 サケ・コンペテイション
  純米大吟醸部門で 会津中将特醸酒が日本一になりました

1.全国新酒鑑評会・会津中将「金賞」受賞(4年連続です)

2.福島県春季鑑評会3タイトル受賞全タイトル受賞しました!!
・「夢の香の部」⇒会津中将「県知事賞」受賞(金賞のトップです)
・「純米の部」⇒会津中将「金賞」受賞
「吟醸の部」⇒会津中将「金賞」受賞

3.福島県秋季鑑評会2タイトル受賞
・「純米の部」⇒会津中将「金賞の受賞」
「吟醸の部」⇒会津中将「金賞」受賞

4.東北鑑定会
[純米の部]
⇒会津中将「優等賞」受賞
「吟醸の部
⇒会津中将「優等賞」受


              過去の受賞履歴はこちらをクリック下さい。

 鶴の江は、創業以来二百年以上の伝統を誇る老舗の酒造です。
林家は、会津藩御用達頭取をつとめた永宝屋一族で、寛政六年分家創業し、屋号を永宝屋と称し、当主は、代々平八郎を襲名、伝統製法を守りつづけています。
 みちのくの花の会津は酒どころ、と歌われているように、良い米、良い水、そして会津の冬の厳しさは酒造りに最も恵まれており、風土を知り尽くした地元奥会津の杜氏達が造り続ける酒はまさに蔵の芸術品です。
 江戸、明治、大正、昭和そして平成と、時代は変わっても私達の味へのこだわりは変わりません。           




※都合により変更になる場合もありますので、ご了承下さい

京浜地区  

201761()7()    横浜:上大岡 京急百貨店様 地下一階 和洋酒売り場にて
ご来場をありがとうございました。

2017630()72() 埼玉:所沢 西武所沢店 地下 和洋酒売り場にて
ご来場をありがとうございました。

阪神地区

201796()12()  大阪:梅田 阪急百貨店 うめだ本店 地下2階 和洋酒売り場にて

中部地区



東北地区
 


☆注意事項☆

  • Netscape Navigator 4.0以降、または
    Microsoft Internet Explorer 4.0以降をお薦めします。
  • このホームページに掲載されている内容は、すべて鶴乃江酒造株式会社が所有するものであり、無断複製及び無断使用は一切禁止致します。
  • このページへのリンクは公序風俗に反しない限り自由です。なお、リンクされる場合ご一報いただければ幸いです。

☆未成年者の飲酒は法律で禁止されています。飲酒運転は、絶対にやめましょう。
☆妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
☆直射日光をさけ冷暗所に保管してください。

鶴乃江酒造が記載された蔵書を紹介いたします。クリック下さい。


お問い合わせは(このタイトルをクリックして下さい)
      〒965−0044
         福島県会津若松市七日町2−46
         鶴乃江酒造株式会社
         TEL 0242−27−0139
         FAX 0242−27−0339
           
    酒蔵の見学は事前にTELまたはFAXにて承っております。


         年中無休 9時−18時
アクセスはこちらへ