ソアリングシステムは山形県南陽市にあるパラグライダーのプロスクールです。

十分一山日記 本文へジャンプソアリングシステムパラグライダースクール

お知らせ
  • 2/22(水)スカイチェアテストフライト&トーイング講習会(茨城県桜川市)
  • 12/3(土)忘年会7:00pm乾杯
  • 11/18(金)フライチェア講習会(長野県生坂村)
  • 8/27(土)〜8/30(火)寒風山ツアー
  • 8/20(土)・21(日)スカイフェスティバル
  • 8/6(土)夏祭り
  • 7/30(土)小学生体育館体験会
  • 5/4安全祈願祭
  • 5/3クラブ「空」総会
  • 4/30〜5/1ふくしまスカイアグリ
  • 3/19(土)救命講習会
  • 1/28(木)〜2/8(月)オーストラリアツアー
掲示板リンク
気象情報リンク
「これまでの十分一山日記」
ソアリングシステム
パラグライダースクール
〒999-2221
山形県南陽市1970-4
TEL 0238-40-2149

いい飛びをしたのは誰かな!? スクールの今日の様子をお伝えします。
                         → 「これまでの十分一山日記」

ホームページを引越しします。
3月よりこちらに移転します。「お気に入り」の変更をお願いします。
メールアドレスも変わります。info@soaringsystems.co.jp
お手数ですがよろしくお願いいたします。

2017/2/28(火)    

 今日も高気圧に覆われ素晴らしい青空が広がりました。終日穏やかで飛び易いコンディションが続き、十分一山からのんびりフライトが楽しめました。

朝が冷え込んだお陰でテイクオフは硬く締まり快適でした。

ピーカン!

日差しは日に日に力強くなり、春を感じさせてくれます。

スカイチェア-X(ver.4)用の40mmパイプと30mmのベンドパイプが到着!素晴らしい仕上がりです!

これでいよいよ試作完了となるか、乞うご期待。


2017/2/27(月)    

 高気圧の圏内に入り青空に恵まれましたが、本流は北西風。パイロットが高ツムジ山から飛んだら楽しそうでしたが、NP未満のスクールフライトは見合わせました。
 YUPCとエアリアルの皆さんは午後10時過ぎに茨城県で開かれる学生選手権に出発。健闘を祈っています。

ハーネスのポジション、アクセル調整。パッキング。飛行総重量の確認。

こんなことも大切な学科講習です。

レスキューパラシュートのリパック依頼が随分と溜まってきました。スカイチェアの開発とリパックと場所を融通しながらの作業が続きます。

学生選手権での健闘を祈っています。

(パイロットクラス出場の若杉君の号令で敬礼してくれたものの・・・。左手???!担当教師のアホ顔を見てみたい。私です。ごめんなさい。)

おまけ
校長イチオシ!「メロンヘルメット」

ドイツの規格で最高ランクの安全性!250gと超軽量!通気性とフィット感抜群!サイズは9サイズ!グラハンに最適です。

(校長のツボにはまったのが「メロン」だっただけでカラーは様々30パターンあります。)


2017/2/26(日)    

 北海道付近の低気圧から伸びる寒冷前線の影響は小さく、青空と力強いサーマルに恵まれました。日中はハッツキ山を基点に西風リッジソアリングならいつまでも浮いていられるコンディションで山や高速道路の工事現場からのサーマルを捕まえたパイロットは5m/sのサーマルで雲底まで連れていって貰えました。

西村さんテイクオフ!

テイクオフは50cm位の残雪。もう溶けていくばかりの雪ですがグライダーが汚れなくていいです。

春を思わせる力強いサーマルで上げてゆく西村さんと新愛機「アポロ」

山形中央道の建設現場からサーマルが発生するようになってきました。

たっぷりとソアリングを楽しんだらまた雪の上にランディング。

こちらもあと50cm位。今年は雪どけが早そうです。

NP課程の堀さんはレスキューパラシュートリパックの前に開傘シミュレーション。(リパックの度にシミュレーションするのは本当にお薦めです。)

電動ホイストに絶賛を頂きました。


2017/2/25(土)    

 冬型の気圧配置は徐々に緩み、青空が顔を出してくれましたが日中には弱い気圧の谷が通過しやや荒れたコンディションになりました。クラブハウスにはフライヤーがレスキューパラシュートのリパックなどに訪れてくれていました。


2017/2/24(金)    

 冬型の気圧配置。西風に時々雪が舞っていました。十分一山登り道は除雪完了。これからはスクール車で一気に山頂まで送迎します。
 校長は、会津たかつえスノーリゾートで開催中のチェアスキー大会にお邪魔してパラグライダー、スカイチェアのお披露目をさせて頂きました。

祝十分一山道路開通!

これからはスクール車でバンバン送迎しますよー。

高ツムジ山まではスノーモービルでお届けしますよー。

チェアスキーで颯爽と登場したのは(株)766の岡野社長。

1975年に日本で発明されたチェアスキーも年々進化を遂げて初期のモデルとは別物でした。(スポーツモデルが約150万円也!)


2017/2/22(水)    

 高気圧の圏内に入り穏やかなお天気が戻ってきました。十分一山ではスノーモビルでスイスイと登頂して安心のフライトが楽しめました。(泉先生お疲れ様でした。)
 校長は桜川河川敷でトーイングによるスカイチェアのテストフライト。(最新型プロトは大変良い飛行特性を示しました。スポーツオ―パカイトの皆さん、生坂の小宮山校長ご協力ありがとうございました。)

朝一番には足尾で「グラヴィス」の試乗をさせて頂きました。

イカロの最新スポーツ機「グラヴィス」

幾つかのCクラススポーツ機を凌駕する性能ながら扱いやすくハンドリングが良いです。そして軽い!

スカイチェア-X (ver.3)

小型化されて操作性が向上しました。もう空中ではノーマルフライトと変わりません。

トーイング練習会は順調に本数を重ねてゆきました。

スカイチェアのタンデムポジションなどをじっくりと考察するのは、スポーツオ―パカイトの保呂田社長と生坂スカイサポートの小宮山校長。

トーイング講習会&スカイチェアテスト無事終了。

ウインチマンをしてくれた福田先生始めオーパカイトの皆さん、小宮山校長、保呂田社長、お疲れ様でした。ありがとうございました。


2017/2/21(火)    

 日本海から発達した低気圧と前線が接近、通過して行きました。その為、広い範囲で大荒れのお天気になりました。校長は吹雪の栗子峠を越えて茨木へ出張。(オ―パショップへ移動。保呂田社長、小宮山校長らとトーイングやスカイチェアについてのミーティングがたっぷり出来ました。)


2017/2/20(月)    

  まだ北日本は荒れたお天気が続いています。スカイチェアのテストフライトに向けて最後の作り込み。(「自動立ち上げ棒」?など現時点で一番進化した物を茨木に持って行きます。)


2017/2/19(日)    

 西高東低の冬型の気圧配置が強まりました。朝から西風強風で雪が元気に降っていました。静かなクラブハウスではリパック作業とスカイチェアの開発が行われていました。


2017/2/18(土)    

 前線通過後、強風になりました。青空になったもののフライト不可。体験にいらしてくれた方々にはスノーモビルで楽しんで頂きました。

高ツムジ山までも快適に登頂出来ました。

テイクオフは芝が露出してきました。春はもうすぐそこまで来ています!

昨日の暖かさでミニ雪崩が多数発生。

雪のカタツムリ君もたくさん出現していました。春ですね!


2017/2/17(金)    

 北の低気圧から伸びる寒冷前線が接近、通過して行きました。その為、午前10時頃から荒れた強風が吹き込み始め、昼からは雨が降り始めました。フライトは間に合わず、フライヤーの皆さんはソリやスノーモビルであと僅かになった積雪期の遊びを楽しんでいました。

ソリ遊びも楽しい!

おまけ

植林したサクラが動物に皮を食べられていました。殆ど全部です。大丈夫なのか?


2017/2/15(水)    

 西から高気圧に覆われてきましたが、まだ北日本では気圧の傾きが大きく北西風強風と雪降りが続いていました。冬型の気圧配置が緩むと信じて集まってくれた皆さんも雪空を眺めてフライトを断念。スクールは学科講習となりました。

ヒロツ君は新しい自分のハーネスでレスキューパラシュートの開傘シミュレーション。

レスキューパラシュートについての講習も行われました。

かなちゃんはB級パイロット課程の学科講習修了です。


2017/2/14(火)    

 冬型の気圧配置が続いています。朝は青空でいい感じの凪でしたが、やはり日中は強風になりました。(茨木でのスカイチェアテストも中止。部品加工も出来るところが見つからず・・・。)

お日様が顔を出した時には、もう春の力強さが感じられます。

送迎する時に転回できるように登り口を整備する泉先生。

(ここ暫らく決算書類作りで籠っていたので良い運動になりました。)


2017/2/13(月)    

 冬型の気圧配置は少し緩み、春を思わせる力強いお日様が時々顔を出してくれましたが、まだ西風は強く時々雪が舞っていました。校長はスカイチェアの部品加工をしてくれる会社を捜してあちこち回っていました。


2017/2/12(日)    

 冬型の気圧配置が続いています。大雪はピークを越えて時々は晴れ間も見えるようになりましたが、まだ西風が強くフライトは見合わせました。クラブハウスにはフライヤーが入れ替わり訪れてくれてスカイチェア検討会。

しょうたん・カリン夫妻が岩手から来てくれました。

たくさんのフライヤーとお茶飲み話に花が咲き、スカイチェアにもアイディアを色々と頂きました。

スカイチェア設計主任はひと段落すると自分のレスキューをシミュレーションしていました。

3/20迄のリパック1,000円引きキャンペーン好評受付中です。


2017/2/11(土)    

 強い冬型の気圧配置に強い寒気。時折、吹雪の様になりクラブハウスに出来た吹き溜りに車が埋もれるなど大雪になりました。クラブハウスの中では熱くスカイチェアの2号機が作られていました。

30mmパイプは軽いねぇ!喫茶店だか倉庫だかわからないようなクラブハウスでは作戦会議の後は・・・・。

とにかく作ります。

作って試してみないとわからないので・・・。


2017/2/10(金)    

 低気圧は東海上で発達、冬型の気圧配置になりました。西風がビュービューと吹きつけるクラブハウスでは心穏やかに事務仕事をさせて頂きました。強い寒気が西からやってくるので災害的な降雪にならないことを祈るばかりです。


2017/2/8(水)    

 少し冬型気圧配置は緩みましたが、寒気の影響もあり雲が急に発達しては時折雪を降らせていました。スノーモビルは快調!後は良いコンディションを待つばかり・・・。

HP作成だの書類作りだので引きこもりになりそうなので十分一山の点検に登頂。

雪が3月並みに締まっていたので高ツムジにアタックすると面白い風の芸術作品があちこちに出来ていました。

色々とルート工作をして高ツムジ山へ到着!

後は良いお天気が戻ってきてくれるのを祈るばかりです。


2017/2/7(火)    

 冬型の気圧配置が強まり寒気も流入してきました。その為、強い西風に雪が舞う真冬らしい天気になりました。ストーブを付けたクラブハウスでは学科講習。佐々木さんはB級パイロット課程修了です。
 (校長と泉先生はスカイチェア・タンデムモデルのポジションについてあれやこれやと議論していました。最終的には飛びに熟達したの身障者の方が使い勝手などをアドバイスしてくれると良いのでしょうが・・・。「飛べばいいってもんじゃない」難しさを実感させられます。)


2017/2/6(月)    

 低気圧は東海上で発達し冬型の気圧配置が強まりました。その為、置賜盆地でも朝から強い西風が吹いていました。ただ、空から落ちてきたのは雪ではなくて雨!雪どけが随分と進みました。

スノーモビルの修理完了。春の様なシャーベット状の雪の上を快適に試運転出来ました。

2017/2/5(日)    

 早くも前線を伴った低気圧が西から近づいて来ました。その為、お天気は下り坂で置賜盆地でも次第に雲量が増え東風が支配的になってきました。クラブハウスではフライヤーが入れ替わり訪れてくれてはお茶飲み。
(校長は隣組長会議に出席。間もなく任期満了、無事に次の組長にバトンタッチできそうです。)


2017/2/4(土)    

 西から高気圧に覆われ始め冬型の気圧配置が緩んできましたが、北日本ではまだ気圧の傾きは大きく置賜盆地でも西風がビュービューと吹いていました。(スノーモビルは発電機のコイルが焼け焦げていました。復旧にはもう少しかかりそうです。)


2017/2/3(金)    

 冬型の気圧配置で雪と強い西風の一日になりました。昨日しこたま降った雪を片づけてスノーモビルとスカイチェアをいじっている内に一日が過ぎてしまいました。泉先生は新しいホームページを一生懸命に作っていました。(プロバイダーがサービスを終了するとかでHPアドレスもメールアドレスも間もなく変わります。)


2017/2/1(水)    

 低気圧が接近中ながら午前中はまだ良いお天気。その後は徐々に雲量が増え雨が降り始めました。夕方からはさすがに雪に変わりましたが、何だか暖かい2月の始まりでした。(スノーモビルは一生懸命に修理中。スノモで登頂したかった皆さん、ごめんなさい。)


2017/1/31(火)    

 北日本を中心に冬型の気圧配置になりました。その為、西風が強く雪が時々舞っていました。スノーモビルは山から降ろしてきたものの修理にはもう少し時間がかかりそうです。


2017/1/30(月)    

 日本海の低気圧が発達しながら接近、通過して行きました。置賜盆地では朝から雨降り・・・。地球温暖化の影響でしょうか、1月末なのに積雪がみるみる少なくなっていました。
 校長は、スノーモビルの修理や原稿書きに取り組んでいる内に一日が過ぎて行ってしまいました。


2017/1/29(日)    

 高気圧の中心は東海上に移り、西からは低気圧が近づいて来ました。その為、お天気は下り坂ながら置賜盆地の中は静穏で夕方までフライトが楽しめました。山本君はテクニカル練習を4本こなして場周アプローチOK。NP課程修了です。おめでとう。

ヒロツ君テイクオフ!

届いたばかりの愛機「モジョ5」でバンバン飛んでいました。

B級パイロット課程の田村君は、初めて誘導なしで4本高度処理練習が出来ました。

XC課程の中野さんランディング。

春のランディングを思わせるような硬く締まった雪で走れます。

ヘルメットを被って8分で山頂へ到着!今日はスノーモビルをフルに使って本数を稼ぎました。

おまけ

泉先生はTD以外の時間は雪のトンネル堀りに励んでいました。お陰でログハウスに入れるようになりました。


2017/1/28(土)    

 徐々に高気圧に覆われ青空と西風に恵まれました。朝からパイロットの皆さんは元気にフライト開始!寒い寒いと言いながらリッジソアリングをそれぞれに楽しんでいました。

前線通過の影響で朝は雲量が多めでスタート。

相原さんが飛ぶ頃には青空が出てきてハッツキ山祭り!適度な西風でずーっと飛んでいられます。

「モジョ5」のフライトチェックも入念に行いました。(上げ癖を付けてくれたのは熊谷マスター。ありがとうございました。)

夜のクラブハウスではスカイチェア開発会議。

製品用のベンドバイプや小径の14インチタイヤの採用が決まりました。


2017/1/27(金)    

 北海道付近で発達した低気圧から伸びる寒冷前線が接近、通過して行きました。その為、日本海側は朝から強風で内陸部の置賜盆地には午後から強風が吹き込み、夕方からは雨が降り始めました。午前中一杯は穏やかにフライト出来ました。

昨日は、登り道とテイクオフを固める為に登頂、いい風と夕焼けでした。


朝はキーンと冷え込みクラブハウスのモミジは霧氷になっていました。

マユちゃんはスノーモビル初体験!

風が強まる前にフライト出来ました。


2017/1/25(水)    

 西から冬型の気圧配置は少しずつ緩んできましたが、置賜盆地ではまだ時折激しく雪が舞う時間帯もありました。この時期らしく真冬日になりましたが、クラブハウスではスカイチェアの開発が熱く進んでいました。

ちょっとずつカッコ良くなっているスカイチェア。1/18から3ヶ所変わっています・・・。


2017/1/24(火)    

 冬型の気圧配置が続き、強い寒気に覆われています。置賜盆地でも雪が降り続いていますが、大雪の峠は越えたようです。泉先生はスカイチェアのご理解とご協力を得る為に商工会などあちこちに奔走していました。


2017/1/23(月)    

 強い冬型の気圧配置になりました。その為、西風強風に雪が舞っていました。広い範囲で強風と雪降りの為、移動してのフライトやスカイチェアのテストもままならず・・・。(だったら落ち着いて事務仕事をすればいいのに、飛べないと免疫力の低下する校長は風邪で寝込んでしまいました。)


2017/1/22(日)    

 日本海から前線を伴った低気圧が接近、通過して行きました。置賜盆地では昼前からみぞれになりました。静かなクラブハウスではフライヤーがお茶飲みに訪れてくれました。(電動ホイストとスカイチェア試乗が好評でした。)


2017/1/21(土)    

 低気圧は東海上に進み発達、冬型の気圧配置が強まりました。その為、置賜盆地でも時々雪がちらついていました。日が差す時間もあり楽しく飛べたと思いますが・・・予報が悪い為かフライト希望者がいませんでした。(クラブハウスではスカイチェアの仕上げがあれこれ行われていました。)


2017/1/20(金)    

 2つの低気圧が本州を挟むように進んで来ました。その影響で置賜盆地では東風のち雪降り。(泉先生は事務仕事に精を出し、校長は運転免許の更新に行ったりスカイチェアの部材を捜しに行ったりさせて頂きました。)


2017/1/18(水)    

 高気圧に覆われ青空の一日になりました。スノーモビルの準備は万端、気持ち良くフライト出来そうです。一方、クラブハウスではスカイチェアの調整が行われていました。

「スカイチェアーX」のタンデムモデルとソロモデルそれぞれのハーネスで最適なポジションがでるようにあれこれと調整。

加藤さんにもこれなら許せる、と納得の笑顔を頂きました。

2017/1/17(火)    

 冬型の気圧配置は緩み始め、穏やかなお天気が戻ってきました。十分一山登り道のスノーモビル道付けは完璧!後は飛ぶだけです!

青空の下、気持ち良くラッセルして行くと、待っていてくれました。掘って掘って地面まで掘って救出成功。

重い深雪の上をスノーモビルは快調に走って山頂到着。

ようやく真冬らしい風景になりました。


2017/1/16(月)    

 冬型の気圧配置は続いていますが、寒気のピークは過ぎたようです。天気図の縦じまは5本までは緩まず北海道から九州までで6本でした・・・。山の様子が気になりつつもパイプ加工の実験や会議で一日が過ぎてゆきました。(明日は十分一山に道付けをしたいと思います。)

夜になってYUPCとエアリアルのきれいどころが来てくれて泉先生もご機嫌!

6063材のパイプを曲げる為にたくさんの工房、製作所の皆さんにご協力頂いていますが今日試した加工方法では割れてしまいました。残念。

2017/1/15(日)    

 引き続き強い冬型の気圧配置、強い寒気の流入が続いています。今日は北海道から九州まで見事に縦じま模様の天気図には等圧線が7本!(明日は少し緩み5本に、明後日は3本にそして水曜日には移動性高気圧に覆われる予定!)週明けからはスノーモビル送迎開始。ミニツアーもドンドンやります。


2017/1/14(土)    

 引き続き冬型の気圧配置、強い寒気の流入が続いています。静かなクラブハウスではスカイチェアの完成版に向けて地道な作業が続いていました。

クラッシャブルフレームを試してみる為の30mmパイプも到着。あれこれパーツが増えてきてガレージみたいになってきました。

(こんな雪降りの日は落ち着いて物作りが出来ます。スイスで時計作りが盛んになったのがわかるような気がします。)


2017/1/13(金)    

 冬型の気圧配置でこの冬最強の寒気の流入が続いています。昨日からの雪降りで山の積雪は60cm位になりました。これでスノーモビルが稼働できそうです。(クラブハウス徐雪作業の後は事務仕事をさせて頂きました。)


2017/1/11(水)    

 冬型の気圧配置が続いています。この冬最強の寒気が流れ込んできた影響で雪降りになりました。(置賜盆地でも確かに雪は降っているし寒いことは寒いのですが、それでも何か凍てつくような寒さが感じられません。2年連続の小雪はたまたまで激しい地球温暖化の影響ではないといいのですが・・・。)

パラグライダー用車椅子「スカイチェアーX 」の開発も後半戦に突入。

使い勝手やスタイルの向上に向けて泉先生があれこれとアイディアを出しては校長に説明中。(「飛べればいいってもんじゃないのよ!」飛びが良ければ良いものと思っていた校長には目から鱗でした。)

電動のハーネスシミュレータがあるのでこんなシミュレーションも簡単便利。


2017/1/10(火)    

 西高東低の冬型の気圧配置。朝の内はお日様が顔を出してくれましたが、午後からは雲が発達し始め荒れたお天気になりました。濡れたグライダーを乾かしたり、溜まりに溜まっていた事務仕事が心穏やかに出来ました。


2017/1/9(月)    

 低気圧は東に離れ、徐々に冬型の気圧配置になりました。昨夜からの雪は降り続いていましたが、どうしても体験タンデムフライトの撮影をしたい台湾GTVの皆さんとソアリングシステムチームは一縷の可能性に賭けて午前6時半から十分一山山頂でスタンバイ。雪遊びの撮影をしたりしながら待って待って午後1時前に雪が止んだ瞬間にテイクオフ!きれいな映像が撮れました。

撮影予定時刻を過ぎていました。本当にギリギリのタイミングで十分一山マジックは起こりました。ランディングが見えたら即、テイクオフです。

下界は見えてますよー。(少なくとも校長には)

小さい雪雲を見下ろして、その下に見える景色は幻想的にきれいでした。この映像は是非、台湾のGTVでご覧ください。

ランディングして少し喋りを撮っていたらもう山は見えなくなりました。その後は雨が降り始めました。

初めての雪山とパラグライダー、寒いし怖いのに愚痴も言わずにずっと待っていてくれたリポーターのリーウェイちゃん。お疲れ様でした。

飛び終わった後は、クラブハウスに電動ホイストを設置。熊谷さん、ありがとうございました。

これ超楽しいです。レスキューパラシュートのリパックに来てくれた西村さんも上げたり下げたり!


2017/1/8(日)    

 高気圧は去り本州の南岸から低気圧が近づいて来ているものの朝の内は穏やかな良いお天気で午後1時頃まで穏やかにフライトが楽しめました。その後は本流の東風が吹き込み始め夕方から雨、夜半には雪に変わりました。
(校長は、地区の集いと体協の懇談会のダブルヘッダー飲み会。苦手な会食や会議が続いています。早く山に戻りたい・・・。)

高ツムジ山までもスクール車で上がれます。

蔵王がきれいでした。

春先に良く見られるようなカタツムリの親子。

このままいけば2年連続で雪の少ない年になりそうです。

体育協会の新春懇談会から帰って来たら明日の撮影の打ち合わせ。

(台湾の皆さんは本当に熱心です。あとは良いお天気になってくれるのを祈るばかり・・・。)


2017/1/7(土)    

 高気圧の圏内に入り、青空に恵まれました。日中は寒気の影響でやや荒れた風になりましたがパイロットの皆さんは頑張って飛んでいました。
(校長は群馬の実家で法事に出席させて頂きました。泉先生お疲れ様でした。)

「グースMk2」で飛び立つ相原さん。

最新の「グースMk3」で飛び立つ宮手さん。


2017/1/6(金)    

 徐々に高気圧に覆われ始め、冬型の気圧配置が緩んできました。置賜盆地でも穏やかな花曇りで穏やかなフライトが楽しめました。(登り道は数センチの積雪があるもののスクール車で登れています。FR車や不安な方はクラブハウスからスクール車で一緒に上がりましょう。)

赤湯の皆川さんテイクオフ!

テイクオフでもランディングでもグライダーが汚れなくなりました。

送迎している内に路面が露出してきました。スノーモビルはもう少し雪が積もってから出動します。

(それまではスクール車をバンバン回します!)


2017/1/4(水)    

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 冬型の気圧配置で寒気の影響もあり、置賜盆地でも久しぶりに雪降りになりました。残念ながらフライト出来ないもののクラブハウスの中では今日も「スカイチェア」の開発が熱く進められていました。(プロトタイプとしてはこれでほぼ完成!これからどんどん飛びます。どんどん作ります。)

校長は正月休みはずっと「スカイチェア」三昧。

あと数センチの適正化の為に、アイディアを捻り出しては組み立て直します。クッションも作っては試し、試しては外し・・・。

遂にテイクオフ姿勢とフライト姿勢が両立!

(これは一番大型のモデルです。とても安定していますがスクール車には入りません。タンデム用もソロ用も一緒に開発しているのでどっちのパーツも付いています。)

今日は遂にポジション決定!ダウンサイジングにも成功!これからはこれで飛びます。

正月休み最終日に駆けつけてくれた熊谷マスターお疲れ様です!ありがとうございます。