[ てんぽらぺーじ ]    .  短期&不定期 な頁です。

わたしなら、こう考える!。など、 ご意見お待ちしてます。 

   < 1枚の絵 >

● ここに1枚の絵がある。熱海の海底遺跡を調査されている國次氏の収集のひとつで、英泉という絵師が熱海の風景を描いている。英泉についての詳細などは、國次氏のhp に詳しいので参照して戴きたい。
 興味を持ったのは、この絵に描かれている風景は「奈良・天平時代」の可能性が強いということで、國次氏の調査によると現在の熱海港付近の地形と陥没による地形の変化とその年代をみると、鎌倉以前の風景である事はほぼ間違いないという。

英泉画、あつうみヶ崎
 絵や写真は実に多くの情報を持っているが、この絵はとりわけ興味を引く。

● 例えば、右中ほどの人家辺りを拡大してみると、
 右、中ほど、館
 この海辺の集落には15,6軒の人家が認められるが、密集している人家の右上にひときわ大きい屋根が見える。さらに拡大してみると、
 屋根拡大
 この屋根中央の切れ込みは単に2つの屋根を繋いだ風には見えないが、望楼でもあったのだろうか。

・次に左下の家並を見てみよう。
 壁拡大
 地形から見ると舟屋ではないが、 2層以上に見える。1階は鮑の加工でもしていたのだろうか。

・同じ場所から、
 井戸
 これは「つるべ井戸」か。

・集落の近くの海岸を見てみよう。
 海岸
 海岸に並ぶ短い縦の線は何を表しているのだろう。規則性と数からすると舟でもなく干物を干す台でもなく、洗濯岩など呼ばれる節理を表現しているのだろう。つまり「あつうみヶ崎」も汀は、殆ど砂浜は無く岩の切れ込みが無数にあった、という事になる。


・・・次のページでは、海女さんが居る絵の下方をみてみよう。

次へ 1枚の絵・その2