[離宮八幡神社]:りきゅうはちまん、。

離宮鳥居参道 離宮拝殿


住所:京都府大山崎町。 祭神:応神天皇、酒解大神、端津姫命、田心姫命、市杵嶋姫命。

由緒:平安時代に嵯峨天皇が建立した河陽離宮の一角に貞観1(859)奈良大安寺の僧行教が九州宇佐から八幡神を勧請し先ずこの地で祀り翌年淀対岸の岩清水へ遷座したのが始まり。
鎌倉時代に八幡宮を本所とし油座を組織し室町期には京都、大阪、奈良等の専売権を得、信貴山絵巻で有名な山崎長者はこの地に住んでいたと云われる程の隆盛をみた。この財力を背景に江戸後期まで流麗な社殿を誇っていたが禁門の変で一屋残さず焼失。現在の社殿は明治の再建。

余談:明智光秀がこの山崎の狭隘な地で秀吉を迎えれば歴史は変わっていたかも知れないという説がある。わざわざ山崎の北の平地に戦場を移したのは朝廷のゆかりの地と油座の故とも云われる。
例祭(9/15)。



[水無瀬神宮] :みなせじんぐう、水生・水成瀬・皆瀬・水瀬。

鳥居 境内拝殿

住所:大阪府三島郡島本町。 祭神:後鳥羽天皇、土御門天皇、順徳天皇。

由緒:増鏡に「見渡せば山もとかすむ水無川ゆふべは秋となに思うひけん、茅葺きの廊、はるばると艶にをかしうせさせたまへり。」とある、上皇が楽しむために趣をこらした離宮を造営した。
上皇死後、国宝になっている後鳥羽天皇肖像画を拝領しこれを祀る御影堂で神仏混交の祭祀が明治まで続き、明治6年にこの水無瀬御影堂を中心として水無瀬宮となった。土御門、順徳の配祀は明治10年太政官布告による。



[上宮天満宮] :じょうぐうてんまぐう、。

拝殿

住所:高槻市天神町1。 南向。
祭神:菅原道真。野見宿禰、素盞嗚尊、(武日照命)。 南向。

由緒:「式内社」野見神社。
村上62天暦年中、山城国北野社遷座の時、先にこの地(野見郷高月領主・近藤目(連)忠範の家)で祀祭る故を以って「上宮」と称す。
天正6年、高槻城主・高山友祥が神社仏閣を取壊し、式内・野見神社も位置が変っている様子。(高槻城跡からキリスト教の墓が発見されている)
その後、豊臣秀吉が社殿・山林寄進し江戸期は寄進が続いている。 現在の表参道入口(山裾)に山崎合戦・秀吉の本陣跡の碑がある。

・末社:野見神社、厳島、春日、皇太神宮。
・天神祭(2/25-/26)、