[石切剣箭神社] :いしきりつるぎや・

住所:東大阪市東石切町(旧:神並村)
祭神:饒速日尊・にぎはやひ、
宇摩志摩治尊・うましまじ(可美真手)
本殿:下宮南向、妻入。上宮西向。
千木:外削。
神紋:菊・
場所:近鉄奈良線石切駅。車、pk有。 

略記、伝承:「式内社」。天照国照彦火明櫛玉饒速日尊・宇摩志摩治尊の2座とある。上宮は生駒山腹にあり饒速日を祀る。
神武天皇東征のとき、利あらず孔舎衙(くさか)坂よりひきこの地にて諸紳を祀れリ。神並の称はこれに因る。

(府神社史資料)


写真 写真


・石切駅を降りて線路沿いに下ると200m程で突き当たりになる。左手のガードをくぐり道なりに登ると石切上之宮へでる。上之宮の左手奥に石切登美霊社があり、長髄彦の妹、饒速日の妃「三炊屋媛(みかしきや)」を祭る。

突き当たりから右(西)へ下ると下宮まで800m程の参道が続く。この参道は薬、茶、小道具などの店が並び、天候のよい休日は歩く人の肩が触合い渋滞というか数珠つなぎになる程。

神並の称であるが、下宮の地は古く神並村字法通寺。明治の頃の氏地は神並村全部と孔舎衙村の日下,河内屋南。