[高御座神社]:たかみくら、天照大神社、天照大神高座神社。


住所:八尾市垣内(かいち) 
祭神:天照大神、高座御子?。 
本殿:南向。
千木:外削。 
神紋:菊 

場所:近鉄信貴山山口より南へ1km強、左に華表が見える、参道を400ほどm登る。pkもあるが道は細く急峻。

由緒,伝承:「式内社」
神名帳に「河内国高安郡天照大神高座神社ニ座、並大月次新嘗、元号春日戸神」とある。
高座の神については不明であるが、尾張の高座結御子神社から高座結は高御産日、高倉下、か等の説がある。(府神社史資料)

今は佐麻多度神社に合祀されている[山畑神社]の古地も高座、春日と古い地名にも見られ、また南の柏原市は葛城の西麓にあたり古く尾張氏の本貫でもありこの辺りが尾張氏の子が居た可能性は高い。宝積寺と岩戸神社近くの教興寺にはさまれて社の位置も移動が激しく由来伝承なども混交したのでは、と考えられる。

天照大神については伊勢神宮への途中(丹波籠神社からか?)、この地に立寄ったとの由来がある。


写真写真

 生駒山西麓では唯一渓谷の雰囲気を味わえる神社と思う。時間が有れば、信貴山山口の駅から、権現社−教興寺−善光寺−高座・岩戸−安養寺−[恩智神社]−天王の森−近鉄大阪線恩智駅。とゆっくり回ると良い。散策用の案内板が各所にある。10kmほど。

・教興寺:一名高安寺、聖徳太子が物部守屋を滅ぼしたとき秦河勝に命じて建立させた。藪寺とも呼ぶ。
・善光寺:推古のとき信濃の本田善光が難波でひろった仏像を信濃へ帰る途中当地で一泊した。信濃に善光寺を建てると善光は八尾垣内にもどり仏像の分身を祭り寺を建てたと伝わる。故、元善光寺とも謂う。老楠も一見の価有。
・安養寺:この近くから恩智銅鐸と呼ばれる、高さ45cmの流水紋、鹿、魚の絵が書かれた銅鐸が発見された。