[常世岐姫神社]:とこよきひめ、八王子神社


住所:八尾市神宮寺5 
祭神:常世岐姫命 
本殿:北向 
千木: 
神紋: 

場所:恩智神社の華表より南600m、東高野街道より200m東へ入る。南はすぐ柏原市になる。pk無。

由緒,伝承:「式内社」。今は八王子神社と呼ばれている。
宝亀1(776)河内国大県郡の人、赤染人足ら13人に常世岐の姓を与えたという。この赤染めとは茜染めのことで・・・。今は安産の神として名高い。(碑要約)
 碑には赤染めは茜染めとあるが、古代大型製鉄遺跡のある大県であるのでこちらを採りたい。河内国諸蕃に「常世連、出自燕国王公孫淵也」とある。同族では遠江秦原郡の赤染氏、宇佐神宮にかかわり深い福岡県の香春神社の神官にも赤染2氏がみえる。
しかし”とこよき”とは羽化登仙なのだろうか。


[若倭姫神社]  :わかやまとひめ、

写真 写真

住所:柏原市山之井町7 
祭神:若倭姫命,わかやまとひめ、 
本殿:西向、平入・   千木:外削・   神紋:藤 
場所:常世岐姫神社の南方200m。pk無。

由緒,伝承:「式内社」。若倭部連の祖紳といわれる。 同じ境内に、山井寺、瑠璃光寺がある。  写真は拝殿と境内から大阪(西)への景観。


[若倭彦神社] :わかやまとひこ、・あかざ八幡、

住所:柏原市平野2 
祭神:若倭彦命、建筒草命 
本殿:南向、平入 
千木:内削 
神紋:三巴 

場所:若倭姫神社の南方500m。東高野街道より東へ200m。車、pk無。

由緒,伝承:「式内社」。6世紀頃この地で繁栄した若倭部がその祖紳を奉斎したものと思われる。この人々は河内国造、尾張連とも縁が深く、農耕に励み武事に長じていたと伝わる。(碑)

北に北向きの常世岐、南に南向きの若倭彦、その間に西を向いた若倭姫がある。