[玉祖神社] :たまおや、たまそ、たまのや・高安大明神


住所:八尾市神立(こうだち)
祭神:天明玉命(櫛明玉命・くしあかるたま)
本殿:南向。妻入
千木:外削。
神紋:
場所:生駒を越えて奈良平群へ降りる峠道、十三峠への登り口の南に位置する。

略記、伝承:「式内社」。和同3(710)9月、周防国佐波郡一宮玉祖神社の分霊を勧請して、玉祖宿禰の居住地の清浄なる地を卜して社殿を創建せり。
 玉祖宿禰は高御牟須比命13世の孫、大荒木命の後にして、櫛明玉は高御牟須比命の御孫なり。(府神社史資料)

式内社に見える「御祖神社・みおや」「鴨神社」の2社が合祀されている。


写真 写真


・東高野街道に面した華表から峠へ向かい、ひと汗かくころ大楠が出迎えてくれる。途中には在原業平が茶屋の娘を見初めたという伝説で名高い神立茶屋辻などがある。
この参道は古く十三街道と呼ばれる奈良三郷への山越え道の一部で、その起点は大阪の玉造であった。

 玉祖神社の楠木は渋川神社、垣内善光寺の楠と並んで八尾市の3大樹として名高い。 もとご神体と思われる男女神像は桧の一本造りの座像で、彩色の後がかすかに残る。頭上に冠を戴き襟の立った袍(ほう)形式の衣服をまとっている。玉祖宿禰夫妻の像であると思われる。(八尾市歴史散歩)。

 *袍形式:前の開いた、襟を立てたガウンを連想すると良い。

玉祖は恩智の祭神が出かける時、留守番をするなど創建時より [恩智神社] とのかかわりが特に深い。