【 杜の風景 】[古代であそぼ] 


小金塚古墳 伊勢原市高森。

 相模最大の円墳、径:約50m、高さ約6m。4世紀末。
巾10m、深さ1mほどの周溝を持つ。周溝から関東最古の朝顔形埴輪、円筒埴輪片、青銅製リングが出土。
墳頂部は削平され 小金神社 の社殿が建つ。



[小金塚・位置]
  
前期古墳は展望のよい丘陵端に作られていることが多いが相模も同様である。この南方海側に真土大塚山古墳があるが、これは大磯高麗山あたりから東北に伸びる大きな砂丘列の突端近くの高所(海抜10m程)にあった。


[小金塚・]
  
 北東に隣接する「金林山長龍寺」からみた小金塚。


[墳頂より北方向]
  
 現在は樹木が茂り視界はほとんどない。


[東 方向]
  
 右端の大神塚は(おうじんつか)と呼んでいる。


[南 方向]
  
 伊豆諸島・大島までの距離は70km。


[西 方向]
  



 ※ [ 小金 神社 ]  神社探訪別館。


 ※ 注意 :画像ファイルに出典情報等埋め込んであります。


(C)s_tan