【 杜の風景 】[古代であそぼ] 


尾張の海岸線     


※  <赤色● ■=神社、黄色=古墳、薄緑=遺址。赤字太≒国。赤or白の小○=その他。 赤細線=現在の県境。
尾張h3m

 赤太文字は国造本紀などにみえる国名。 等高線5m刻み。
  標高3m以下に水色を置いてます。

 標高3m以下でも旧河川の堤防沿いや島状の微高地が散在していた様です。
 姥ヶ森、奥津社2など標高1m以下の古墳の確認がされてます。

<11.01>  


  <知多湾,矢作川>







(c) s_tan