[多度神社] :たど、多度大社。

 

住所:三重県桑名市多度町多度1681。
祭神:
 本宮:天津彦根命(天照大御神の御子神)。相殿:面足命、煌根命。
 別宮:一目連神社(いちもくれんじんじゃ)天目一箇命(天津彦根命の御子神)。
本殿:神明 、
千木:本宮-内削 5、別宮-外削 3。 神紋:、

場所:近鉄養老線多度駅西1.6km。pk有。

由緒,伝承:式内名神大。
 当社の歴史は古く、太古は標高403メートルの多度山全体を神体山として仰いでいましたが、五世紀の後半、雄略天皇の御代になって御社殿がはじめて現在のところに建てられました。
奈良時代末期には満願禅師が多度神の託宣を受け、天平宝字7年(763)に我国で三番目に古い神宮寺が建立され、後に国分寺に準ずる扱いをうけ、寺院70房・僧侶300余輩を数える大寺院となりました。
本宮『多度神社』の御祭神「天津彦根命」は、天照大御神と須佐之男命との御誓約による五男三女の御子神の第三皇子です。御祭神の関係から「北伊勢大神宮」と称され、「お伊勢まいらばお多度もかけよ、お多度かけねば片まいり」とも謡われています。
『新撰姓氏録』に「桑名首、天津彦根の男、天久之比乃命の後なり」とあるように、北伊勢地方を支配した豪族が氏神としてお祀りした神様で、産業開発、商工業繁栄の神と仰がれています。
 別宮『一目連神社』の御祭神「天目一箇命」は『古語拾遺』により伊勢忌部氏の祖神であることが知られ、天照大御神が天の岩戸にお隠れになった際に刀、斧を作り活躍された神様で、日本金属工業(製鉄・金作り)の守護神です。さらに両宮親子の神々力を協せて雨や風を支配され、生きとし生けるものの命の源となる農業・水産を守護し、諸難を滅し、諸願を成就される神様です。又、一目連神社の神殿が御扉を設けない珍しい造りになっているのは当社の故実の上で見逃せない一例です。
ー 由緒書、抜粋。

   
・摂社
 新宮社:織田信長の兵火を逃れご神体を美濃国赤坂山へ遷し、後、本多忠勝公が復興の時、お迎えした。
、一拳社:一言主命。 ・美御前社:市杵島姫命。
・末社
・神明社 :天照大神。 ・皇子社 :天照大神の皇子神のうち、天津彦根命と市杵島姫命を除いた六皇子神を祀る。
・雨宮八幡社:天之水分神、国之水分神、応神天皇。
・藤波社 :建速須佐之男命、大穴牟遅命(大国主命)、少彦名命。
・鉾立社 :天久之比命。

美御前社