[石部神社] :いそべ、いわべ。


  住所:四日市市朝明町512。
祭神:天児屋根命。
 合祀:天照大神、応神天皇、保食神、素戔嗚命、大山祇命、天目一筒命。
本殿:流造 、東向
千木: , 。 神紋:上り藤に大。

場所:三岐鉄道三岐線山城やまじょう駅北西700m。pk有。


由緒,伝承:式内。
 創立年代は不詳であるが、延喜式神名帳に記載されている社で千年以上の前からのものである。本殿の中に元禄十年(1697)、寛政二年(1790)、同六年(1794)、天保四年(1833)、文久三年(1863)の棟札が納められている。
旧拝殿は、明治末期より大正初めの一村一社運動により旧下野村六字(中里、札場、山城、北山、西大鐘、東大鐘)の神社を合祀した際、東大鐘の太神神社の拝殿を、また楽殿は山城の桜神社の拝殿をそれぞれ移築したものである。年月の経過とともに傷みがはげしくなり、平成4年に新しい拝殿が完成した。
−−社頭掲示板、抜粋。


   
・合祀:太神社。
・弥都波能売神:境内の小池傍らに社がある。
<