[椿大神社] :つばき、


拝殿 住所:鈴鹿市山本町1871。
祭神:猿田彦大神。
相殿:瓊々杵尊、栲幡千々姫命(たくはたちちひめのみこと)
配祀:天之鈿女命、木花咲耶姫命。
前座:行満大明神。
本殿: 、南向
千木:。 神紋:巴、

場所:東名阪,鈴鹿IC,西北約5km。pk有。

由緒,伝承:
 伊勢国鈴鹿山系の中央麓に鎮座する椿大神社は、往古時代、只今の神社の背後にそそり立つ高山入道嶽、短山椿ケ嶽を天然のやしろとして、(神代の神跡いわくら現在)高山生活を営まれたクニツカミ猿田彦大神を主神とし、相殿に皇孫瓊々杵尊、栲幡千々姫命を祀り、配祀に天之宇受女命・木花咲耶姫命を祀る。
神話に伝わる天孫「瓊々杵尊」降臨の際、猿田彦大神、北伊勢道別の里なる地祗本陣を旅立ち給ひて天の八衢に「道別の大神」として出迎え、風ぼう雄大、超絶した神威を以って恙なく天孫を高千穂の峯に御先導申し上げた事で肇国の礎を成したこの大神を、後に人皇第11代垂仁天皇の27年秋(西暦紀元前3年)倭姫命の御神託により、磯津(鈴鹿川)の川上、高山短山の麓、土公神陵の前方御船磐座辺りに、「道別大神の社」として社殿を造営し奉斎された日本最古の神社であります。
仁徳天皇の御代、御霊夢により「椿」の字をもって社名とされ現在に及び、昭和の始め内務省神社局の調査により、全国二千余社の猿田彦大神をまつる本宮であることが明かとなり、「地祗猿田彦大本宮」と尊称されております。
−由緒書、


   
・ 境内末社
高山土公神御陵:猿田彦大神、瓊瓊杵尊、栲幡千千姫命
御船石座  :猿田彦大神、瓊瓊杵尊、栲幡千千姫命
多度社 :天目一箇命
護国社 :護国の英霊
松下幸之助社:松下幸之助命

・ 境外末社
椿一宮神社 (鈴鹿市椿一宮町):猿田彦大神
神野神明社 (鈴鹿市山本町神野):天照大神、猿田彦大神

 画像:椿大神社