[真田神明社] さなだ、


本殿 住所:小県郡真田町大字本原字御屋敷。
祭神:天照皇大神。
豊受大神。
本殿:平入。 南西。
千木:外削。 神紋:巴、六文銭。

場所:真田氏資料館が隣接し史跡が公園になっている。pk有。

由緒,伝承:
この辺りは真田氏の御館跡と呼ばれている。周囲に高い土塁をめぐらし南北160m東西130m程の矩形をなし、東北の隅は上田城にも見られる入角と呼ばれる切欠きがある。
現在は公園として整備され北端に資料館、マレットゴルフ場になっているが、旧屋形内の石組み、土塁遺構などよく残っている。

北東に真田本城、東に天白城、北西に横尾城、西に神川を越えて洗馬城があった。

館への神明社の勧請は真田昌幸のときと言われている。



境内より1鳥居,先は大峰・虚空蔵の山並 土塁

平安時代中期には信濃国府は筑摩郡に移るがそれ以前は今の上田市にあった。日本霊異記に「大伴連忍勝(おしかつ)、小県郡嬢(おむな)の里の人である。連らは堂をつくり大伴氏の氏寺とした・・・」とある。嬢は海野郷である。
信濃に最初にできたと言われる、御牧の埴原(はいばら)牧(現松本市)、猪鹿牧(いが,現南安曇郡)の細萱(ほそがや)氏は皆大伴氏とされている。(くぼひろみ氏)