[ 細江神社 ] 、ほそえ。

  住所:静岡県浜松市北区細江町気賀996。
祭神:素盞嗚尊、 奇稲田姫尊。
合祀:。
本殿:流 。 千木: 。 神紋:木瓜紋。九本源氏車?。
:pk有 。

由緒、伝承: 。
−−境内掲示
由緒、
 名神大社 角避比古神社(元国幣中社)は浜名郡新居町に御鎮座、第五十五代文徳天皇嘉祥三年(850)官社に列せられた立派な神社で、浜名湖入口の守護神として氏子の方々に厚く信仰されていたが、第百三代後土御門天皇明応七年(1498)8/25、大地震、大海嘯がおこり、神殿、建造物がことごとく流没したが、奇跡的にご神体は、村櫛をへて、伊目の十三本松に漂着、里人は隠岐大明神の地に仮宮を建てて祀った。
 しかし十二年後再び地震による大津波のため、気賀の赤池へと漂着された。気賀の里人はこの地に仮宮を建てて祀り、翌月九月現今の地に社殿を建て、牛頭天王社と称え祀ることとなった。以来気賀の総鎮守としてあがめられ、明治六年三月、神社の社格が郷社となったが、戦後はこの制度は廃止となった。
 赤池の里は当社より約三百米東南にあり、例祭日には神輿の渡御が行われる。

・御神徳
 人間の罪穢れや、悲しみ、喜び、そして生死といった、自然界、人間界のさけがたい運命を一身に負いながら、それを良い方向に導くために苦労された神様です。
 悩める人、苦しめる人は胸中を知り、その人々に起る災厄、疫病を除くに喜んで救の手を差しのべられる神様です。
 そして人々の罪を償われようとする御神徳により、疫病除けは勿論、豊作、大漁、招福、開運、万民守護、縁結びの神様として信仰されています。
・地震災難消除
 当社は明応七年の大地震により御神璽が一番安全な所として、この気賀の里に着御し、地元の人々が地震にも負けない尊い神様だと創立した神社です。
 いつ発生するかわからない災難を最小限でありますように、又最小限ですむように祈祷する神社です。
−−境内案内より抽出 

  


境内社、・一宇。
・居守殿(いもりどの):素盞嗚命の幸玉。八柱神社:素盞嗚八子。弥五郎殿(やごろうどの):大己貴命、武内宿祢命。
・四所神社(ししょ):稲荷大神、八幡大神、秋葉大神、東照大神。
・天王稲荷神社。 ・天満宮。 ・八幡神社。

・ 藺草神社(いぐさ):宝永4(1707)10月、遠州地方で大地震があり押し寄せた高波で沿岸の田には塩が入り稲は全滅。困り果てた村の庄屋達は当時の気賀の領主近藤縫殿用隋公にその苦痛を訴えました。
領民のためを思う名君であった用隋公は今後の稲作の事を領民と共に思い悩みました。それからしばらくして用隋公は大阪での会議で隣り合わせた豊後の国の領主松平市正領内の窮状を相談したところ、藺草を塩に強い琉球藺の苗を取り寄せてくれた。 公は此れを持ち帰り。領内の田に植えさせた。
これが浜名湖岸一帯の名産物、琉球藺の始まりです。

・神社境内を抜け西隣に姫街道銅鐸資料館あり、銅鐸などが展示されている。本物の弥生農耕木器が無造作に展示されていたりする。浜松市編入後、学芸員は不在。
・境内より南の都田川を越え東南2.5km程で縄文弥生の岡平遺跡。岡平の南、細江テクノランドの南端に沿って銅鐸出土で著名な滝鋒がある。
・浜名湖の出口は大地震(1498)以前には現在の海岸より北3-4kは2-3の川がある土地で現在外海とつながる今切より5km程西に主流が流れ出ていたらしい。



神社探訪・別館Top古代であそぼ