[縣神社] :あがた、


縣・ 住所:千葉県山武郡。
祭神:
大日霎貴尊(おおひるめむち・天照大御神)。
橘比売命(たちばな)
誉田別命(ほんだわけ)。
本殿:平入、南向
千木:。 神紋:

場所:,pk有。

由緒,伝承:
 創立年代は詳らかではないが、成務13の時代、当時の地方長官である県主が奉斎した神社であると伝承されている。
(1488)酒井小太郎定隆が士気古城を再興した時、城の鬼門よけの神として当地に再建し、酒井氏の守護神として崇敬奉斎される。酒井氏は5代を以って滅び、以降徳川氏の知領下となり天正19年よりご朱印5石寄進される山武郡内唯一の神社である。



縣・社殿 縣・本殿
春季例祭(4/20)、秋季例祭(10/20)。