[大国魂神社] :おおくにたま、

大国魂 住所:東京都府中市宮町3-1。
祭神:大国魂神、御霊大神、国内諸神。
本殿:流、北面、千木:内削(8) 。 神紋:菊 。
場所:京王電鉄府中駅北、JR府中本町東、pk有。

由緒,伝承:
==境内掲示:
武蔵惣社、大國魂神社
当神社は、大國魂神をを武蔵の国魂と仰いで鎮祭し祀った神社である。
第12代景行天皇41年(111)5月5日大神の託宣によって創立せられ、武蔵国造が代々奉仕して祭務を司った。其の後孝徳天皇の御代に至り、大化の改新(645)により武蔵の国府がこの地に置かれて、当社を国衙の斎場として、国司が祭祀を奉仕して国内の祭政を司った。国司が国内諸社の奉幣巡拝等の便により側に国内の諸神を奉祀したので「六所明神」「六所宮」とも称された。
鎌倉幕府以後徳川幕府に至るまで代々幕府の崇敬厚く、再三社殿を造営し、徳川幕府より社領500石を寄進せられた。明治18年より昭和21年迄官幣小社に列せられ其の後宗教法人と成る。
(例大祭5月5日) 大國魂神社・府中観光協会
==
==掲示板
・摂社、宮之盗_社、主祭神名:天鈿女命
由緒:この神社の創立は御本社大国魂神社と同じ景行天皇の御代(111)であると伝えられ、古くから芸能の神、安産の神として崇敬されている。
例祭日は7月12日で、文治2(1186)源頼朝より武蔵国中の神職に天下大平の祈願を行うよう令して以来、毎年この日の夕刻より翌朝にかけて、国中の神職が参会し終夜神楽を奏し祈祷が行われた。この祭りは青袖・杉舞祭と言われる。(今は国中の神職は参加しない)
また頼朝の妻政子が当社に安産を祈願したという伝えもある。
安産祈願の折に願いを託した絵馬を奉納し、無事願いが叶うと御礼に底のぬけたひしゃくを納める風習が今でも行われている。
北多摩神道青年会。
== <由緒パンフ
主なる摂末社
摂社:宮乃盗_社、末社:松尾神社、末社:大鷲神社、
摂社:坪宮(又は国造神社と称す)例祭2月15日、祭神兄多毛比命、5月5日御旅所へ神輿渡御の折、当社よりお供え物を奉る式は現在も行われますが是を国造代奉幣式(こうそうだいー)と称します。
所轄社:八幡宮(国府八幡とも)例祭8月15日応神天皇、聖武45帝御代の創立といわれる。

大国魂本殿  宮之
==境内説明版より
<東京都指定有形文化財、大国魂神社本殿、
律令時代国司が国内の大社六社を国府に勧請祭祀し、武蔵総社または六所社と称したのがこの大国魂神社である。
本殿のうち中殿は大国魂神、御霊大神、国内諸神、東殿は小野大神、小河大神、氷川大神、西殿は秩父大神、金佐奈大神、杉山大神を祀る。
この本殿は四代将軍家綱の命によって寛文七年(1667)三月完成したもので、その後数回修理を行っているが、部分的に室町時代末期の様式をとどめ、江戸時代初期の神社建築として保存の価値がある。また特異な構造形式は遺例少なく珍しい。
構造は九間社流造、向拝五間、銅板葺、三間社流造の社殿三棟を横に連絡した相殿造。
昭和52年11月3日、建設、東京都教育委員会。
==