[富都神社 ]    :ふつ、ふと、とと。

写真 写真

住所:田原本町富本(とむもと)、和名抄では黒田郷。

祭神:武雷神(武甕槌)  。登美屋彦命、登美屋比売命
本殿:南向、春日。   千木:外削。   神紋:巴。
場所:三郡神社の東南800m。pk有り。

由緒,伝承:「式内社」。
祭神は他に、富都大神、建布都神などの説がある。100m程西に飛鳥川が流れている。「ふつ」は布都などは河内から奈良にかけて神社、祭神、地名に良く見られる、物部氏である。「ふつ」より多少北に偏ってあるのが「とみ」のようである。
田原本町は西の曽我川、東の大和川、間に飛鳥川と寺川、古代は湿地に所々島と言った風景だっただろうと思わせる。今も田畑が多く環濠、用水路が縦横に走っている。 富都神社の北東に近鉄黒田駅がある、この駅の北式下中学校迄の1km程の旧道は聖徳太子の「太子道」でよく趣が残っている。


[孝霊神社]    :こうれい、蘆戸(いおと)神社。

写真 写真

住所:磯城郡田原本町(たわらもとちょう)黒田

祭神:孝霊天皇。 倭迹迹日百襲姫命、彦五十狭彦命(吉備津彦)、稚武彦命。

本殿:東、春日。   千木:外削。    神紋:菊
場所:近鉄黒田駅南150m。pk無。

由緒,伝承:もと法楽寺の鎮守社であったが明治初期に現社地へ遷座、黒田村の氏神となった。

岡山、香川など各地の残る桃太郎伝説地の多くは記紀に記されている孝霊天皇の皇子の彦五十狭彦命と稚武彦命兄弟の活躍に由来するものである。7代孝霊天皇の黒田蘆戸宮は田原本町宮古からこの黒田辺りを指し、この一体は古代の地名を残した貴重な所である。(境内由緒)

周辺には弥生時代の黒田遺跡、古墳時代の黒田大塚古墳がある。前の道は聖徳太子にゆかり深い太子道である。