[岐多志太神社]  :きたした、


住所:田原本町大字大木字タイコヲジ 
祭神:不詳
本殿:南向、祠2殿
千木: 。神紋:

場所:村屋神社北200m。pk可。

由緒,伝承:「式内社」
祭神は、天香山命あまのかごやま、天兒屋根命とする説。
地名は、興田庄(オキタ)のキタを取り、その南でシタと言い、キタシタとなったとの説。*児屋根は招祖根(オギオヤネ)の転訛という。

川東村大字大木にあり、神名帳に岐多志太神社2座とある、今村社。祭神詳らかならず、十市根より4世布留久留命の一男大木連は大木氏の祖とあり、物部大木連は当所の住人。旧事紀に饒速日11世孫鍛治師(きたし)連公は鏡作連小軽間連等の祖也。岐多志太は鍛治師田(きたした)の仮字ならんか。「大和志料」


写真 写真
 左:本殿鳥居。  右:岐多志太と村屋坐の間の八幡社。

田畑に囲まれ島のような杜がある、小さいがまとまり有る社である。南以外は視界が開け二上山もよく見える。