[龍田神社]  :たつた、風宮、「龍田比古龍田比女神社」


住所:斑鳩町竜田 

祭神:
本殿:天御柱大神、国御柱大神(風神)。
右殿:龍田比古大神、龍田比女大神(楓など四季を司る神)。
左殿:天児屋根大神、外三大神(学問の神)。
左殿:瀧祭大神(天地を司る神)

本殿:南向、平入
千木:外削。 神紋:楓 

場所:JR法隆寺駅北西2km。法隆寺前より西1km旧道沿い、pk有。

由緒,伝承:「式内」での名は「龍田比古龍田比女神社・2座」
聖徳太子が法隆寺建立の地を指示された龍田大明神を法隆寺の守護神として法隆寺建立と同時にこの地に祀られた。

本殿西の市杵嶋(白竜)神社など。 楠大明神。

戎神社:祭神:蛭子命、事代主命、龍田は昔盛んな市場町、その縁で(1243)西宮戎より勧請。楠大明神。廣田神社。粟島神社。市杵嶋(白竜)神社。折口神社。など。
法隆寺とこの龍田神社のほぼ中間の山側に藤ノ木古墳がある。古墳の北に東西に走る道路、池があり南側への視界が開けている。