[長柄神社]   :ながら、 姫の宮、


住所: 御所市長柄

祭神:下照姫。 
本殿:南向、妻入 
千木:外削、 
神紋:菊一文字。

場所:御所駅西南2km程。大阪千早赤坂村から水越峠を抜ける国道309と御所香芝線の交差点東南になる。pk特になし。

由緒,伝承:「式内社」

長柄の地名は長江(ながえ)が長柄(ながえ)になり音読して(ながら)になった。長江はゆるやかかく長い葛城山の尾根(丘陵)を意味しナガラは急斜面の扇状地に残った古語であるともいわれる。
一間社春日造り桧皮葺き丹塗の本殿は奈良県重文に指定され細部に唐様が残る、棟札の古い物は正和1(1312)の年号が確認できる。(境内案内)

写真 写真

・葛城一言社の東南500m程にあり、高天彦神社と御所駅近くの下鴨神社を結んだ線のほぼ中間にある。境内は'98台風禍で妙にあかるい。
時間があれば、一言主神社から、この長柄を通り高天彦神社までの旧道は史跡、小社もあり地名など見ながらの散策がいい。南郷の住吉社を過ぎ登ると後方に明日香橿原を展望できる。