[御櫛神社] :みくし、


住所:生駒郡平群町椹原ふしはら字金垣内。

祭神:?
本殿:南向、平入
千木:外削
神紋:三巴

場所:近鉄生駒線竜田川駅西2km。pk無。

由緒,伝承:「式内社」
現在村社。詳細不明(調査中)、祭神については天兒屋根、豊玉比め、玉櫛姫などがある。
御櫛からすると玉櫛姫が近いのだろうが、御も櫛も尊称美称とすると名前は無いことになる、口にするのも。。となると長髄彦からみカナなど思う。


白壁の門。 門より見た拝殿。

家並みがなくなる小さな谷合の奥にある、畑の畔を通って入る。本殿裏の古墳のような小山の細い道は信貴畑へ出、信貴山と十三峠に続く。境内前から見下ろす谷合は南東に開け大和川の合流点から明日香の山並みを展望できる。