[ 氷室神社 ] 、


氷室神社 住所:奈良県奈良市春日野町1−4。
祭神:。
本殿:平入。南向
千木:。 神紋:

場所:近鉄奈良駅より奈良交通市内循環バス(外回り)氷室神社下車。 駐車:参拝者専用駐車場あり 由緒,伝承:
元明天皇の御世、和銅三年七月二十二日、勅命により平城新都の左京、春日の御蓋の御料山(春目山)に鎮祀され、盛んに貯氷を起し冷の応用を教えられた。これが平城七朝の氷室で、世に平城氷室とも御蓋氷室とも春日の氷室とも稱せられた。
翌和銅四年六月一日初めて献氷の勅祭を興され、毎年四月一日より九月三十日迄平城京に氷を献上せられた。

奈良朝七代七十余年間は継続せられたが、平安遷都後はこの制度も廃止せられ、遂に百五十年を経て、清和天皇の御世、貞観二年二月一日現在の地に奉遷せられ、左右二神を増してご三座とせられた。
爾来、現在の春目大社の別宮に属し式年の営繕費、年中の祭礼等は、興福寺、春日社の朱印高二万石の内と 社頭所禄三方楽所料二千石の一部によって行はれたが、明治維新後はこの制度も廃せられ、専ら氏子と冷凍氷業界の奉賛によって維持せられて今日に及んでいる。

また、本殿東側には末社として、南都舞楽の楽祖なる狛光高公を祀った舞光社がある。
(氷室神社社務所発行のパンフより抜粋)


氷室 氷室境内図

行事
●献氷祭 5/1 ●宵宮祭 9/30 ●例祭 10/1

 画像「氷室神社・献氷祭」

※謝辞:画像、文、hahahaさん提供。