[卒川神社]  :いざかわ、いさかわ、子守明神。


住所:奈良市子守町
祭神:玉櫛姫命たまくしひめのみこと・母。
媛蹈鞴五十鈴姫ひめたたらいすずひめ・子。
狭井大神さいのおおかみ・父。  

本殿:春日、南向 
千木:外削 
神紋:巴

場所:近鉄奈良駅南300m。pk無。

由緒,伝承:「式内社」
推古33元年(593)、大神君白堤が祭祀した奈良市内最古の神社といわれる。

三枝祭が有名、6/17、10:00−、白酒、黒酒の酒樽に本社三輪山で採れた笹百合(古名さいくさ)の花を飾り祭することからその名がある。文武42天皇大宝(701)年間から伝わる神事。

卒川神社鳥居。 阿波神社(中央)

【卒川阿波神社】:いさかわあわ、
卒川神社本殿横に鎮座する。「式内社」 祭神は、事代主命。 他に天目方奇日方命、天兒屋根命とする説がある。

阿波神社(事代主神)初戎1/5。