[奈良豆比古神社]  :ならつひこ、


住所:奈良市黒髪奈保町

祭神:施基親王(おくりな田原天皇),
平城津彦神・ならつひこ。春日王。

本殿:春日、東向、
千木:外削 
神紋:巴 

場所:般若寺の北1km、奈良阪バス渟が近い。pk無。

由緒,伝承:「式内社」
光仁49天皇の父田原太子が病気療養のため那羅山にある一社中に隠居される。この隠居宮がこの地である。(境内案内)
祭神については式内社考では:彦狭嶋王、豊城命(景行12の孫)とし。中殿:南良春日宮大神、左殿:春日若宮、右殿:矢幡大神(田原天皇:施基親王)との説も有る。

旧街道に面した華表。 本殿、春日造の3殿。

毎年10月8日、当社宵宮祭翁講で奉納される舞は、翁と脇の三人舞や対面せずに行う三番叟と千歳との問答など特色あるもの。宮座保存会。