[金峯神社]  :きんぷ、かねのみたけ、金精明神、


住所:吉野郡吉野町吉野山青根ヶ嶺字二ノ鳥居(奥千本)

祭神:金山彦命。金山姫。
本殿:平入
千木:
神紋:

場所:金峯山寺蔵王堂より奥千本方面へ車で入れる最奥、pk無。

由緒,伝承:「式内社」
式内社、金峯というのは大峯山へかけての総称で古来黄金の鉱脈があると信じられ仏教説話としての黄金浄土であるとの観念から生まれた。
祭神は、安閑天皇、大山祗神との時期もあった。

境内左手の道を下がった所にある塔は、文治1(1185)11月、義経がこの塔に隠れ逃れるため屋根を蹴破って外へ出たため「義経の隠れ塔、蹴抜の塔」といわれる。