[丹生川上神社・中社]  :にゅうかわかみ、

住所:奈良県吉野郡東吉野村小(蟻通)

祭神:罔象女神・みずはめ。
配:伊邪奈岐命、伊邪奈美命。

本殿:平入、 
千木:外削、 
神紋:菊 
場所:四郷川沿い、pk有。

由緒,伝承:「式内名神大社」。
天武白鳳4年「人声の聞こえざる深山に吾が宮柱を立てて敬祀せば天下の為に甘雨を降らし霖雨を止めむ」とあり、これを社殿の創建とする。

丹生川上他の2社と同じ由緒を持つ。丹生川上社は祈雨、止雨を始め朝廷からも篤い崇敬を受けた社であったが中世以降朝廷の衰微に伴いその所在も不明となるほど社運も衰えたのだろう。
明治に入り、現在の下社が古来の上社とされ官幣大社になったが、その後現上下2社をとし、その後この中社が有力となり大正11に現在の中社を加え3社を一括して官幣大社丹生川上神社とする事になった。昭和27年、3社はそれぞれ独立した。(神社総覧・並木和子)

鳥居。 境内、拝殿

下社と立地雰囲気良く似る、拝殿から本殿への階段は下社に比較し低く短い。巨木が多い。巨木に囲まれ五十猛を祀る木霊神社がある。