[龍田大社]  :たつたたいしゃ、


住所:生駒郡三郷町立野南
祭神:天御柱命・国御柱命 
本殿:妻入、南向
千木:外削、内削
神紋:菊 

場所:JR大和線三郷駅。pk有り

由緒,伝承:「式内名神大社」現在神社庁別表神社。
 崇神天皇の御世、社殿を造営という。
(神社総覧)に龍田大社宮司、上田善久氏が興味深い文を載せておられるので下記に引用します。
「御祭神の風神は天地の大気生気すなわち風力を主催し給えは、風神と申し上げる天御柱命・国御柱命と申す御名は、天と国とは、彦神を天に姫神を国に比して称し奉り、御柱とは真柱の事にして天地万物の中心の柱の義で、すなわち<空気>或いは風のことである。
また、志那津彦命・志那津比売命と申す御名の志那は息長の義で、気息すなわち風の長く遠く吹き渡るをいう。かくて天候、気象、の変化旋転するは、大神の御威霊なる風力を基本とし・・・略。」

写真 写真

・現本殿2棟は明治初年官幣大社に列した時の造営。
摂社:龍田彦命、龍田姫命の2座、南面2棟。
末社:天照大御神。住吉大神。中座枚岡大神、春日大神。下座今御前(高望王夫人)、白龍神社、龍田恵比須、三室稲荷神社、神奈備神社、岩瀬杜、御座峰神社。