[熊野那智大社] :くまのなち、 


住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山。

祭神:
熊野夫須美大神(伊奘冉尊)

本殿:南向、妻入り、(1,2殿,外削(5))、妻入(3,4殿、内削(4)) 千木:、 
神紋:八咫烏、菊 
場所:JR紀伊線紀伊勝浦駅よりバス。pk有。

由緒,伝承:
神武東征のとき那智の山に光が輝くのを見て祀ったとあり、仁徳16のとき社殿の創建と伝わる。

第1殿(滝宮):大己貴命(おおなむじ)。
第2殿(誠証殿しょうじょう):家都御子大神(素盞嗚命)。
第3殿(中御前):御子速玉大神(伊奘諾命)。
第4殿(西御前):熊野夫須美大神(伊奘冉命)。
第5殿(若宮):天照大神。 第6殿(八社殿):忍穂耳尊。瓊瓊杵尊。彦火火出見尊。鵜葺草葺不合尊。国狭槌尊。豊斟渟尊。泥土煮尊。大戸道尊。面足尊。
摂末社:新宮神社、熊野エビス神社、八咫烏神社:武角見命(たけつのみ)、手力男神社、

(由緒書)

写真 写真