[丹生都比売神社]  :にゅうつ、天野社、


住所:和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野 
祭神:
1殿:丹生都比売大神(稚日女・わかひるめ)。
2殿:高野御子大神。
3殿:大食都比売大神・おおげつひめ。
4殿:市杵嶋比売大神。
 
本殿:妻入、西向
千木:外削(3) 
神紋:巴。 
場所:pk有。

由緒,伝承:「式内社」
四方を山に囲まれた海抜500mの盆地、天野にあり、およそ1700年前の創祀と伝わる。
丹生都比売大神は天照皇大神の妹神で稚日女ともいい、神代この紀伊国奄田(三谷)に降臨され、御子高野御子大神とともに紀伊・大和地方を巡歴、終焉の聖地として天野原に上り鎮まる。
神功皇后への協力の功として紀ノ川より南、有田川に至る広大な土地を神領として与えられた。
弘法大師が高野山を開くにあたり高野御子が狩人に変身し黒白2頭の犬にて案内した事などにより、高野山より丹生明神・高野明神として2社が祀られる。
鎌倉時代には、行勝上人より二位尼の援助のもと気比明神・厳島明神が勧請され4社になり現在の形になった。

若宮:行勝上人。 境内社:佐波神社。

写真 写真