[鴨神社] かもじんじゃ、


鴨社殿 住所:兵庫県川西市加茂1丁目4-2。
祭神:別雷神
神紋:立三葉葵
場所:JR福知山線川西池田駅南500m、。

由緒:式内社、摂津国
方800m程の台地の北東につき出た小山に鎮座する、神社のある付近は標高45〜50m、比高20m〜猪名川を挟み対岸に呉服神社がある。
境内から弥生式土器も出土し近くには環濠集落の遺跡や木棺の跡等も見つかっている。
大きく見て、猪名川を中心にした、昔のイナ地方の中心より、やや北の辺りに有る。

紋所は、立ち三つ葉葵で、京都の鴨神社が徳川家から拝領した時、全国の「鴨神社」に、配ったそうです。(神主談)

延寿社 脇社 
画像左「延壽社」、祭神:イザナギ神・イザナミ神。
画像右「脇社」、祭神:不明。

※謝辞:取材・画像、KENJIさん。 文責:stan


鴨鳥居社叢
加茂遺蹟、川西市文化財指定
川西市南西部、伊丹台地(洪積台地)の北端に位置し標高38m〜44m。弥生中期(AD1c)から古墳時代(AD5c)までの集落趾。
弥生中期には遺蹟東側が居住区域、西を集団墓地に分けられてた、東からは円形の竪穴住居址・柱穴群と住居群を区画したと思われる溝など、西側からは方形周溝墓や土壙墓がみつかっている。一部に木棺があった形跡が見られる。
弥生後期には円形方形の竪穴住居址と集落を取巻く大溝などが発掘され、古墳中期には方形の竪穴式住居がみつかっている。 旧石器時代のナイフ形石器、縄文時代後・晩期の土器も出土。 明治44年に遺蹟東側斜面から銅鐸も出土。(教育委員会掲示)

【神社探訪】