< 1枚の絵 > その2
● あつうみヶ崎のひとびと
 英泉画、中央右部分
 この部分には特に情報が多い。右から
・漁師の持つ櫓は浅瀬用ではない。
・赤子、子供、父母と海岸に出ている。祖父祖母は?
・ムシロの上にゴザを敷いている?。
・左方の男女はどちらも「大きな竹篭」を押えている。
 などなど。。

 ムシロの下はゴツゴツした洗濯板の様な岩の筈。ムシロは何を使って平面を出し押えているのだろう。

・ムシロ(莚)に下に見えるもの。
 竹?柴?
 これは竹だろうかゴツゴツしているので柴(小枝)か。左を見ると波がムシロの下に潜っている。小舟でもあるのだろうか、にしては舟らしき部品が見えない。

 この部分にはまだ色々楽しい推理の部分があるが次へ行こう。

● 仕事中の海女さん
・上の図の左方に海女さんが2人みえる。
海女さん
 長い髪を流して、口に咥えるのは鮑とりの道具か。


● 次は火口。
 火口
・「地獄の釜が開いた」と表現される火口。ゴツゴツ網の目のような溶岩を這い回る炎、蛇の舌先のようなチロチロとした先端。
どんな炎だろう、と気になりますよね。

■ ほかに色々考えるに面白い場所がありますが、とえあえず、ぬり絵を見てください。


次へ1枚の絵・その3、 その1
 、