超初心者でも大丈夫♪
テーブルを作ってみよう

テーブルとは、数値やデータなどの表を作るときに使います。本来は表を作る目的のタグですが、表の中にテキストや画像、又は他の表を配置するとHTMLだけでは作ることが出来ない凝ったレイアウトが可能になります。 テーブルをページ全体に広げたり、ページ横幅を自由に決め固定することで安定したデザインが確保できます。

■ テーブルの基本

テーブルを使ったサンプル

サンプルを作りました。よろしければ、ソースを見て内容を変えて自分のホームページ作成の参考にしてください。

「目次」のナビゲーションバー
  1. テーブルの見出しをつけたい
  2. 枠線の太さを指定したい
  3. テーブルにタイトルをつけたい
  4. テーブルのサイズを指定したい
  5. 色つきテーブルを作りたい
  6. テーブルの背景に色を付けたい
  7. テーブルやセルの背景に画像をはりたい
  8. セルの間隔とセル内の間隔を指定したい
  9. 文字列とテーブルの位置きめたい
  10. セル内の文字やイメージの位置を指定したい
  11. セルのサイズを指定したい
  12. 縦、横方向にセルを結合したい

※目次の項目の中にIE(Internet Explorer)独自の指定方法を扱ったページあります。そのページにはスタイルシートでの記述の仕方を載せています。
Internet Explorer6、Firefox2.0の表示確認しています。

Valid HTML 4.01 Transitional Valid CSS!