ファイル名の付け方

ファイルに「名前を付けて保存」する場合や画像ファイル等のファイル名は自分で決めた名前を自由に付けることができます。 始めたばかりのホームページはフォルダ、HTMLファイル、画像ファイル等の数も少なく目的のファイルを探すのに苦労はしませんが、ページ数が増えてくると同じフォルダの中にある同じアイコンから目的のファイルを見つけることが難しくなります 。分かりやすく探しやすい名前を付けましょう。

インターネット上のホームページのファイル名はアドレス欄に表示されます。自分だけが分かればいいからと適当に付けますと後でしまった!と思う事になります。 私はHPをアップして少し経ってから、そのことに気付きスペルをいい加減に付けたことを少し後悔しています。 後で変更すれば済みますが、ページ数が増えてくると名前の変更が大変な作業となります。

Windows環境の自分のPC上では上手く表示されていても、ファイルをアップしたとたんページが表示されなかったり、画像が×になってしまう場合があります。 インターネット上で初めて、自分のページを見てガッカリした経験が私にもあります。何故なの?と焦りながらいろいろ考えても分からない・・・。理由はファイル名でした。

ホームページでのファイル名の付け方のルール

ローカル環境つまり自分のPC環境で上手くページが表示されていても、インターネット上では表示されない原因としてプロバイダーのサーバーで使用しているコンピューターのOSが自分の使っているOSと違うことにあります。OSが違うとファイル名の認識も違うようです。 インターネット上では実にいろいろな環境(外国も含む)でホームページにアクセスしてきます。 時間をかけて、思いをこめて作った大切なページが表示されないトラブルを無くすために、どんな環境でも通用するファイル名を付けましょう。

  1. 半角英数の組み合わせ(アルファベット と数字だけ a〜z、A〜Z、1〜0 )で使う。
    ABC abc 123等英数であっても全角は使用しない。(半角 ABC abc 123)
  2. 漢字やひらがな、カタカナなどの日本語の名前を付けない。
  3. ファイル名の大文字・小文字に気をつける。(間違いがないよう小文字で統一する
  4. ファイル名の間に半角であってもスペース(空白)は入れない。
  5. トップページのファイル名は index.html にする。

プロバイダーは、サーバーのOSに大抵の場合はUNIXが使われています。Windows環境ではファイル名に大文字・小文字を使っても区別しません。MYPC.htmlとmypc.htmlは同じ文字として扱いどちらで指定しても上手く表示されます。しかしUNIXはファイル名、またフォルダ名の大文字・小文字を厳しく区別します。 私の失敗は、 写真をスキャナーして、ファイル名を hana で保存すると「hana.JPG」と hana の後の拡張子が自動的に大文字で保存されました。そのままのファイル名でアップし、HTMLファイル内の指定で「hana.jpg」と指定したので写真の表示場所に X が入りました。

ファイル名を付ける時やHTMLファイル内での画像指定は、入力モードを「半角英数」を選択し、全部小文字で付けましょう。

ファイル名にスペースを入れられませんが、区切りを入れると見やすくなります。ハイフン「 - 」やアンダーバー「 _ 」を使いましょう。 「my pc.html」 → 「my-pc.html」、「my_pc.html」

フォルダーの中のファイルを整理整頓する

1つのフォルダの中にたくさんのファイルが入っている場合目的のファイルをスムーズに見つけるために、ファイルを整理整頓しましょう。 フォルダウィンドウのメニューバー「表示」→「アイコンの整列」(または、フォルダウィンドウ上を右クリックのメニューから)でファイルの並べ替えができます。

アイコンの整列

ページを更新する場合、このファイルの並べ替えを使えば、目的のファイルが楽に見つけることができます。

■HOME /■知っとくコーナーへ