■ Microsoft Photo Editorの基本的な使い方 ■

Photo Editor は「ペイント」で作成した画像、スキャナーから取り込んだ画像、デジタルカメラで撮った写真にさまざまな加工が簡単にできる画像編集ソフトです。
Office の機能のひとつとして、Windowsには標準附属されています。市販されているいろいろなソフトよりはるかに機能的には劣りますが、基本的な処理は出来ます。ソフトが軽く、操作が簡単で初心者にはお勧めのソフトです。(最初はこのソフトで画像の編集をし、物足りなく思ったところで市販のソフトを買われると新しいソフトの使い方が理解しやすいと思います。)

01.写真を読み込もう
02.写真の容量を軽くしよう
03.写真の調整をしよう
04.写真を回転させよう
05.特殊効果設定しよう(画質補正)
06.芸術的な効果を設定しよう(アート系特殊効果)
07.GIFの透明化をしよう

スキャナーとは画像や写真などをパソコンに取り込むため(デジタルデータに変換する)の読み込む装置のことです。

■HOME /■知っ得コーナーへ