ペレットストーブの解説

ペレットストーブについてどんなものだろうと疑念をもたれている方も多いのではないでしょうか?
そこで、既存のストーブとペレットストーブの違いについて、現在、判っている部分を解説します
*使用者のご意見は伺っておりません。あくまでも、当方の受けた情報のみからの説明です(当社での販売例はありません)

石油ストーブ ペレットストーブ 備考
本体価格 8から9万円(通常一般品市販価格)高額品で15から18万 20万程度(備考によって15万) 助成金5万円(取り付け工賃除く)
燃料 100円/L 45円/Kg(工場に買いに行った場合
実売52円/Kg 従って灯油換算104円
灯油1Lの熱を出すのにぺレット2Kg必要
一日あたり使用量(一軒家TV放送から) 7.5L 15Kg 灯油は配達してもらえる 
ペレットは自分でストーブに投入
一月30日として 225L 450Kg

*ここで、目安としているのは、あくまでもTV放送していた使用者の感想です。

ペレットの燃えカスは2から3日ごとに捨てる必要がある。24時間不燃材で作られた容器に保存した後廃棄する。

月にすると15Kg×30日で450Kgになる購入すると一月分でバン1台分購入が必要となる4か月分として
実に1
.8トンになり買いだめすると石炭小屋ならぬ、ペレット小屋が必要です

アパートで3.8Kg×30日 114Kg 買いにいけます?保管場所ありますか?

ちなみにペットフードと同じぐらいの容積の袋になり10Kg入れだと一般住宅で月に45

価格が大量生産され、下がったとしても重量と保管場所の問題があり高齢者や単身者に不向きです

特に外の物置から階段を毎日15Kg運ぶのは、若い人ならいいけど、毎日のこととなると大変です。

環境に対する考え方は大事だと思いますが、よほど、価格差があれば検討する人もいるでしょうが、・・・・・

個人的な意見ですが、ペレットが価格低下しストーブが灯油とハイブリッドが出たならなら購入検討するかもしれません。

現在つき何リットル灯油使用していますか?
使用リットル数×2がおおよその使用Kgとなります。それを30で割るとほぼ一日の使用するペレットのKgとなりそうです。
ちなみに月400L(ホームタンクタンク1本ぐらい)であれば800Kgですから1日24Kgのペレットの投入が必要となります
この場合、燃料の価格は41600円/月となります。燃料だけの価格だけで考えると同じですが1週間で168Kg運ばなければなりません
トップページへ戻る